ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

北の外相発言でドル円再び111円台、
イベントなく要人発言に注目

2017年09月22日(金)18:34公開 (2017年09月22日(金)18:34更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日のアジア時間ではドル円が堅調であった。FOMCでは年内利上げが確定的になったからでもある。12月利上げはないかもしれないという予想を覆したのだから、完全にマーケットに織り込んでいく作業だった。

 問題はどこまでドル円やユーロ円が上がる余地があるのかである。昨日の1日にを通じてドル円の高値は欧州序盤に付けた112.70だったが、これはちょうど今年の半値戻りの水準である112.75に極めて近いもの。止まるべきところで止まったというべきであろう。

 昨日に付けた日経先物の高値は20370円であるが、これは今年の高値でもある。テクニカル的には当塾で使っている「前日の高値」よりも重要なのである。今日の場合はたまたま同じだから問題はないが、テクニカル分析では長い期間が有効であるものほど重要性が高いとされているからだ。

 ひるがえって考えてみると、現状ではこれが当面の高値で終わるかどうかはわからない。まだ3か月以上あるのだから、日本株がもっと上がって高値を更新するかもしれないからだ。しかし一方でこのまま20370円が今年の高値だったなあ、ということで終わる可能性もある。だから日経先物の20300円台は売りなのである。

 リスク相場の動向を見るのにテクニカル分析を活用しようとすれば、ここからのリスクテークは危険だということになる。ドル円やユーロ円のさらなる上値追いには注意を払わないといけないゾーンに達しつつあるということだ。

 積極的にショート攻めをしなくてもいいが、相場の戻りは売って入ってもいいのではないか。そして北朝鮮やトランプ政権など、何かのきっかけでリスク回避の流れが加速されるかもしれないのである。

 今日は東京時間に北朝鮮の外相が「太平洋上で水爆実験も」と発言したことで、マーケットはややリスクオフに傾いている。しかしまだ完全に値崩れしているという状態ではない。

 どこまで本気で言っていることなのか、もっと各国政府の反応も見てみたいということろなのだろう。今晩はイベントがない分だけ、要人発言の重要性が高まっている。

日本時間 18時00分

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る