ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

日経平均は21年ぶり高値でも円安進まず。
次期FRB議長をめぐる3つのシナリオとは?

2017年10月16日(月)16:47公開 (2017年10月16日(月)16:47更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■21年ぶり高値の日経平均でも円安進まず

日経平均が強いですね。先週末(10月13日)の終値は2万1155円。21年ぶりの高値だそうです。

日経平均 月足
日経平均 月足

(出所:Bloomberg)

日経平均は2万1000円にデリバティブ系の「ついたら困る」玉が多くあったようです。それがついたために勢いが強まった。


ところが、米ドル/円がついてきません。先週(10月9日~)は何度も「なぜ日経平均が上がるのに米ドル/円は上がらないのか」と聞かれました。


今はリンクが切れており、ダブルデッカー(2階建てバス)のようには上がらないかもしれませんが、為替と株価のどちらが正しいかといえば日経平均。


米ドル/円もいずれ追随して上昇が再開すると見ています。

【参考記事】
北朝鮮建国記念日が相場の転換点だった! 日本株は約21年ぶり高値。米ドル/円は?(10月12日、西原宏一)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

足もとの米ドル/円は米金利に相関しているようですね。


米金利がダレてきているために米ドル/円の頭が重くなっている。米国サイドの材料を見ているのが、今の米ドルですね。

米長期金利(10年物国債利回り) 日足
米長期金利(10年物国債利回り)

(出所:Bloomberg)

米金利はなかなか上がらないですが、かといって昨年(2016年)の想定からすれば今の金利水準は低すぎるため、2%を割って崩れるようなイメージもありません


■税制改革、次期FRB議長、トランプのツイッターバトル

12月のFOMC(米公開市場委員会)での利上げは織り込まれつつありますが、市場は来年(2018年)の利上げがあるのかどうかを意識し始めているのでしょうか。


先週、10月13日(金)に発表された米CPI(消費者物価指数)は予想を下回りましたし、インフレ指標に力強さが感じられないことが、米金利の上昇を阻んでいるのかもしれません。

米CPIの推移
米CPIの推移

(出所:Bloomberg)

次期FRB(米連邦準備制度理事会)議長をめぐる報道も増えてきましたね。


過去の例からすると今週(10月16日~)あたりに指名されてもおかしくない。


タカ派のウォルシュと、ハト派のパウエル、それにイエレンの再任――3つのシナリオがあるようです。米ドル買いの材料となりそうなのは、ウォルシュの指名でしょうね。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

トランプ政権の目玉のひとつである税制改革もいよいよ佳境です。今週(10月16日~)にも上院での可決をめざすとされています。


ところがトランプ米大統領が上院の重鎮議員とツイッターでバトルを繰り広げたことから、可決が難しいのではとの観測が出ているんですよね。


米金利の低下はこれが嫌気されことも一因のようです。もし今週(10月16日~)、税制改革法案が可決されれば米ドル買い、否決なら米ドル売りの材料と考えていいのでしょう。

次ページでは北朝鮮情勢に絡むリスクや、中国人民元の話題が…)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る