ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

イールドのフラット化とドル安、
ドル円もしばらく戻り売り態勢か

2017年11月24日(金)16:25公開 (2017年11月24日(金)16:25更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は日米ともにお休み。いずれも感謝祭ということになっている。市場参加者はたいへん少なく、マーケットの動きも緩慢だった。それでも為替相場ではドル安モードに入りつつある。来年のアメリカの利上げペースが鈍るのではないかとの観測が強まってきたからだ。

 これは先日のFOMC議事録でも、多くのメンバーが上がらないインフレ率を心配していることでも確認が取れた格好となっている。ドル金利のマーケットでは長期金利の頭打ち感が出てきており、それがイールドのフラット化という現象をもたらしている。

 だからドル円も下げ基調のままである。休みの間に111.07まで下げているが、依然として下げ止まる感じがしない。当分の間は大きなイベントがない分だけ、短期的な需給に左右されやすくなる。だからドル円の重さはそのまま下げトレンドを形作り、サポートされることがあったにしてもテクニカルなところでしか引っかからない。

 これらは金利的な側面からの見方だが、やはり忘れてはいけないのは史上最高値で張り付いている米国株の動向であろう。トランプ大統領の就任以来の1年間はずっとブル相場が続いてきているので、相場の悪材料には鈍感になってしまっている。

 株価の大きな調整に見舞われてきていない分だけ、この最近のドル金利の動きが要因となって動き出すかもしれないのである。そうなるとドル相場に加えてリスク相場の様相も呈するのである。

 私も向こう1週間はドル円を売りスタンスで臨み、戻りは積極的に売っていき、売れない場合でもフレッシュローでは突っ込んでも売っていこうと考えている。


日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る