ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

久々にポンドやスイスに動き、
ドル金利の先高観で強含み

2018年04月20日(金)16:33公開 (2018年04月20日(金)16:33更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 日米首脳会談での記者会見が終わって、当面の大きなイベントはなくなった。それでドル円も107.30から107.50までの狭いレンジをコアとする小動きに徹することとなった。為替の王様であるユーロドルも動かない。その中でも動きを示したのはポンドである。

 夜中にカーニー総裁が今年の利上げ見通しを話したが、その内容があまり利上げに積極的ではないように感じられたのである。これがドルと同じように利上げを目論んでいるだろうというマーケットの見方をひるがえした。ポンド金利の先高観は払しょくされ、ポンドは大きく値を下げた。

 一方でこれまであまり動きの小さかったユーロスイスが1.20台に乗せてきたことも、市場の話題になった。欧州や米国が完全に利上げモードに入ってきているのに対して、日本に次いでスイス中銀が金融緩和スタンスを堅持しているからだ。

 というわけで金利の動向が再びマーケットに影響を与えだしている。2月のリスク回避の流れの強まりも、ドル金利の上昇が原因であった。昨日の為替相場では主要な通貨ペアはあまり動かなかったが、米国株は敏感に反応した。

 今回のドル金利上昇をもたらしたのは、米中貿易摩擦によるところのアルミや鋼材の値上がりが要因である。それがコモディティ市場を押し上げ、結果としてインフレ期待を増幅させているのだ。いうまでもなく原油相場も高い。

 原油価格はこのところ3年半ぶりの高値圏に位置している。原材料費の高騰は、企業収益を圧迫する。だから米国株は下押し圧力を受ける。アメリカの長期金利は再度の3%乗せをうかがっている。

 またドルの短期金利は先物市場では年4回の利上げを、ほぼ8割かたまで織り込んできている。そもそも年4回の利上げをやるのが順当な「ゆっくりしたペース」なのである。なぜ年3回という見解が出てきたかというと、それは去年が年3回の利上げを行ったからである。

 ペースが同じなら今年も年3回だろうというもの。しかし去年の9月は資産購入の減額の方針を指示したものであって、やはり引き締めであり、年4回のタイトニングがあったのと同じなのである。

 だから今年も年4回が妥当なところなのだ。年に3回の利上げだとしたら、年内のどこかで6か月間も金利をいじらない期間が存在することになる。これはペースを保って利上げをすることに矛盾する。間延びしてしまうのである。ともかくもドル金利市場ではやや金利先高観が強まってきている。

日本時間 16時30分


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 ザイ投資戦略メルマガ 人気FX会社ランキング
経済指標速報記事 ザイ投資戦略メルマガ 人気FX会社ランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る