ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドルのショート攻め敢行、
NAFTAや米中協議のゆくえ要注意!

2018年05月17日(木)15:38公開 (2018年05月17日(木)15:38更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は欧州時間に入って、ユーロドルドルの下げが始まった。特定の材料が出たわけではない。これまでのドル金利の上昇という外部環境に基づいてのドル買いが出てきているだけである。それでユーロドルは1.18台を割り込んできた。

 最近はユーロドルもゆっくりとではあるが、どんどんと新しい大台を見ることに慣れてきているので、1.17台の為替レートを見てもあまり驚かない。機械的に今年の最安値を割り込んだところか、もしくは大台割れでストップ的にショートメークしてみるだけである。

 戦術としては初歩的なものだが、相場は上がるか下がるしかないのだから、画期的な攻め方などありはしないのである。私もそうしてオーソドックスにユーロのショート攻めを敢行した。

 為替相場の動きはニューヨーク時間に入るとパッタリとおとなしくなった。しなしニューヨーク終盤でドル金利が再び上がってきたので、ドル買い圧力は強いままである。

 さて今週の政治イベントで結果が待たれたものが二つあった。一つはNAFTAの合意であったが、それが今月末までどころか、年末まで待っても合意するのが困難な情勢に至っている。

 いうまでもなくアメリカもメキシコも大きな選挙を控えているからだ。時刻有利なほうにもっていこうとしているものだから、安易な妥協は許されないからである。

 そしてもう一つは米中の貿易協議である。今日と明日の2日間にわたって今回はアメリカで開催されるが、第一目の会合が終わった時点でも、何かのコメントが出てくるかどうかに注意しないといけない。

 前回の中国での会合のときは第一日目で何も出てこなかったから、マーケットが大きくリスク回避に傾いたものである。中国の通信会社などに対してだいぶ配慮を払ってきているアメリカの姿勢からも、米中貿易問題は深刻なものには案らないだろうという楽観論が根強い。だから要注意なのである。


日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る