ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

トルコリラの反発でリスクオフ一服、
今晩の小売売上高に注目!

2018年08月15日(水)16:24公開 (2018年08月15日(水)16:24更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はリスクの巻き返しの一日だった。アジア時間からすでにその傾向はあった。肝心のトルコリラ相場はそれほども動いていないのだが、日本株などが先に大幅上昇を演じてしまっている。確かにお盆休み中なのでマーケットは薄いと言えば薄い。

 そして実際に欧州序盤でトルコのマザーマーケットがスタートしてみると、トルコリラは心持ち、値を戻してきたのだ。値を戻すといっても、これまで値下がりした分に比べると微々たるものだ。

 それでもマーケットに安心感を与えるには十分だった。ユーロ円も堅調な地合いであって、BRXIT以降の61.8%戻しの126.75レベルも超えてきたのだ。ちょっとユーロ円を戻り売り使用と思っていた私も、手が引っ込んだ次第だ。

 しかし結果的にはユーロ円の頭は重たかった。ユーロ円は127.00を手前にかなり抵抗を示したのだ。そしてトルコリラも動きを止めたようだ。すでにリスク回避の方向で、つまりユーロ円を売りたくて仕方がなくなってきていた。

 しかしながらここで売ってしまうと、拙速かもしれない。ニューヨーク序盤の動きと、米国株のオープン状況を確認してからショートメークしよう。そう考えて少し待つことにした。

 米国株はストロングにスタート。それでマーケット全体は大きくリスクテークに傾いた。ちょっとクロス円の下がる地合いではなさそうだ。結果的には為替相場はドルの全面高に触れることとなった。

 ユーロドルは今年の最安値を更新してきて、1.1331まで差し込んでいる。これだけ指向性があるのであれば、ユーロ円を狙わずにユーロドルをストレートにやっていればよかった。

 今晩は経済指標がいくつか出るが、最も重要なのは小売売上高だろう。果たして先日に出たGDPの消費部分の高さを裏付けているデータとなるのかどうか。大幅な法人税の減税があったのは事実だが、それがこんなに早くもトリクルダウンしてくるものかどうか。

 事前の予想ではプラス0.3%とかなので、何も従来と変わらない水準なのである。昨日はドルが買い進まれたので、その分のポジション調整を誘う契機にもなるかもしれない。この指標発表の前後は要注意である。

日本時間 16時00分

トルコリラが取引できるFX会社
FX会社徹底比較!:トルコリラ/円が取引できるFX会社はここだ!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る