ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

マイナス金利でも円安進まず、
一般教書で下落のドル円キープウォッチ

2019年02月06日(水)15:13公開 (2019年02月06日(水)15:13更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は為替相場が実に狭い動きとなった。特に海外市場では値動きが乏しかった。ドル円もユーロドルも20ポイントほどしか動かなかった。それはトランプ大統領のスピーチを控えているからの様子見であったが、マーケットは期待をしたフリをして株高になってはいるが、冷静に考えてみると何もサプライズはなさそうである。

 今日は昼からトランプ大統領による一般教書演説であった。内容は事前に想定されたものだったが、トークが始まると、とりあえずドル円は30ポイントほどストンと落ちた。それまで期待だけでリスクテークしていた分が剥げ落ちたものと見られる。

 毎年、同じことが繰り返されているが、スタンディング・オーベーションを伴った自画自賛の場となっているだけだ。目新しい政策がそこからは出てきていない。

 ところで昨日の円債10年ものの入札では、利回りがマイナスとなった。利回りがマイナスだというのに、ついている利札、つまりクーポンレートはプラスのままである。お金を集めるのが目的のオークションなのだから、マイナスのクーポンをつけるはずがない。

 ボランティアではないのだから、自腹でお金を支払ってまで他人の事業に資金提供はしないものだからである。ではなぜマイナスの利回りとなるのか。これは誰が計算してもマイナスになるのだから、計算間違いではない。それは計算のしかたに原因がある。

 日本国債の場合、単利という計算方法を採用しているのである。ここが米国債と顕著に違うところ。同じ条件であっても、円債の2%と米国債の2%とではキャッシュフローも違うし、しかるに金融効果も違うのである。単利で計算すると実際の利回りでお金が出ていくことはないのに、マイナス金利みたいなことが出現してしまうのである。

 米国債は半年の複利回り。同じ債券の利回り計算なのだから統一すればよいではないかとも思われるが、これは市場の慣行だから仕方がないのだとしかいいようがない。利回りの計算方法が違っているにしても、債券価格と利回りはそれぞれ1対1で対応しているのだし、問題はないものとされている。

 結果として複利ベースで計算すると、円債であってもマイナスの利回りにはならないのである。個人向け国債を買っているのに、半年に一度は郵便局にマイナス金利を支払いに行かねばならないということはありえないのである。

 重要なのは円金利がマイナスだからといって、それをことさら円売り材料にする必要もないということだ。為替相場で大事なのは金利差である。したがって金利がマイナスであることよりも、そのマイナスだという状態がどの程度の深さを持って進んでいるのか、である。

日本時間 15時00分


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

高スワップが魅力!

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る