ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

伝説のディーラー・藤巻健史氏に聞く(2)
日銀破綻を経て日本の財政は再建される!

2019年03月15日(金)12:53公開 (2019年03月15日(金)12:53更新)
ザイFX!編集部

「伝説のディーラー・藤巻健史氏に聞く(1) 東京五輪前にハイパーインフレで円大暴落!?」からつづく)

3日連続30億円ずつの損失を出したことも

 もう20年近く、藤巻健史氏は日本の悪化する財政状況や、日銀の非伝統的な金融政策がもたらす弊害に警鐘を鳴らしている。

 現在は参議院議員として、国会などで政府の財政政策や日銀の金融政策に異議を唱えているが、かつては伝説のディーラーとして、最前線で金融市場に向かい合ってきた。そんな藤巻氏はどんなトレードをしていたのだろう? 現役トレーダー時代の話も聞いてみた。

 「トレーダー時代には、それこそいろいろありました。ブラックマンデーやタテホ・ショック、資金運用部ショックなども経験しましたね。

 でも、僕が一番ヤバイと思ったのは、1991年1月に始まった湾岸戦争のときかな。あのときは、1日30億円の損失を、3日続けて出してしまいましてね」

藤巻氏写真

1日30億円の損失を3日続けて出した経験をサラリと語る藤巻氏

 「僕の当時のトレード戦略は、年の最初に少し儲けを出して、それをタネ銭にして、そこからオプション取引でものすごく大きな利益を上げるって言うやり方だったんです。だけど、そのタネ銭を稼ぐ時期に、30億円の損失を3日続けて出しちゃったから、そのあとのトレードがやりにくくなって…。

 そのとき、何が苦しかったかって言うと、毎日、本店に損益を報告しなければいけなかったんですけど、あまりにも数字が悪くて報告する気がないから、円形脱毛症になった写真を送りますので、それで判断してくださいって、ジョークを送ったんです。

 そしたら、いつもは必ずジョークで返してくる上司が無言だったから、「あー、これ、俺クビかな」と思って。そのあと、この損は短期で取り返して、例年並みの利益を上げられましたけどね」

 藤巻氏のシナリオがまだ現実のものになっていないのは、我々にとっては良いこと。できれば、これから先も起こらないことを祈りたいが、藤巻氏が近いうちにXデーが来ると言い続けているのは、こうした修羅場をいくつもくぐり抜けてきた経験も関係しているのかもしれない。

日銀が破綻しても日本は終わらない

 「僕が日銀破綻っていうと、日本が終わると思う人も多いけれど、それは違います。確かにメチャクチャな状態にはなりますけれど、日本という国はなくなりません。財政は再建されるから国自体は大丈夫。第二次世界大戦後に軍国主義がなくなって、民主主義国家ができたのと同じです。

 日本って、政治で何かを変えようと思っても、なかなか変わらない。明治維新も第二次世界大戦もそうで、外的な事件がないとダメなんです。みんながものすごく痛い思いをして、二度と異次元の量的緩和なんかやっちゃいけないよってことを学んで、普通の伝統的金融政策に戻っていくんです」

 Xデーが到来しても、藤巻氏は将来の日本を悲観する必要はまったくないと指摘する。しかし、国民は大変な思いをするのを、覚悟しておかなければならないそうだ。

 「財政は再建しますし、日本はなくなりません。しかし、しばらくの間、国民生活は悲惨になるでしょう。1997年に通貨危機に見舞われた韓国では、復興までに2年かかりました。日本は多分、4年ぐらいはショックを引きずるんじゃないかと思います」

藤巻氏写真

日本がなくなることはないが、国民生活は4年ぐらい悲惨なものになると指摘する藤巻氏。その間を乗り切れるだけの準備をしておくべきというのがかねてからの主張だ

 その間は国に助けてもらいたくても、国だって大変な時期なんですから、助けてくれるわけがありません。ですから、その苦しい4年間ぐらいの間は、自分の身は自分で守らなくてはいけない。その期間を乗り切れるだけの準備を、きちんとしておいたほうが良いというのが、僕の一番の主張なんです。

日銀破綻に備え、米ドルと仮想通貨を持つべき

 Xデーが来たあとの苦しい4年間を乗り切るための準備。それこそが著書『日銀破綻』の副題でもある、「持つべきはドルと仮想通貨」というのだ。

 「今はお金を儲ける時期ではなく、資産を守る時期です。日本円だけを持っていたら、Xデーが来たときに資産の価値はゼロになります。生きていくのも大変です。そういう意味で、自分の資産を守るために、保険の意味で米ドルと仮想通貨を持つべきだと思います」

 しかし、法定通貨に関して言えば、米ドル以外にもいくらでもある。米国の財政赤字だって増えているし、現に、パウエルFRB議長も議会に性急な財政再建を求めている。トランプ政権になってからのバラマキ政策や、他国との摩擦だって問題になっている。それでも米ドルが良いのだろうか?

トランプ大統領の写真

トランプ政権の大型減税も影響して、米国の財政赤字は拡大している。外貨なら米ドル以外にもたくさん存在するが、藤巻氏はなぜ、米ドルが良いと指摘するのだろうか (C)Chip Somodevilla/Getty Images

 「米国の財政赤字が増えていると言っても、日本とは比べ物にならないくらい健全です。政府や中央銀行のバランスシートも、経済規模に対して段違いに低い。ヨーロッパと比べても、米国の方が健全。為替は相対論ですから、もし米国がダメだとしても、日本はダメダメダメですから、米ドル/円は上がりますよね。

 それに、トランプ大統領は品がないとは思うけれど、経済界出身というだけあって、彼の経済政策は正解。外国企業を米国に引き寄せ、自国企業を国内に戻すなど、米国民に仕事を与えようとしているのは、米国にとって正しい政策だと思います。

 米国以上に良い国は、他に見当たりません。政治・経済・軍備は世界一ですし、シェールガスのおかげで、原油生産量も世界一になりました。さらに、GAFA(※)が情報という大資源も押さえています。情報と石油を押さえていて、しかも基軸通貨なんですから、強いですよ」

(※編集部注:「GAFA」とは、米国の主要IT企業であるアルファベット(旧グーグル)、アップル、フェイスブック、アマゾンの4社を指す言葉。4社の頭文字をつないだ造語)

FXならポジションを長く保有できるようなスタンスで

 著書『日銀破綻』で藤巻氏は、保険の意味で米ドルを保有するなら、米ドルの外貨預金か、短期の金融商品に投資する米ドル建てのMMF(マネー・マネージメント・ファンド)が良いと指摘している。では、FXで米ドル/円を買うのは、資産を守る方法としてどうなのだろうか?

 「FXでも良いと思いますが、ポジションがロスカットされないように、あまりレバレッジをかけすぎないことが大事です。今は、資産をどうやって守るのかが重要ですから、短期トレードではなく、外貨を買うと言うような観点で、長くポジションを持てる方法をとるのが良いでしょう」

藤巻氏写真

今は自分の資産をどう守るかが重要。FXならレバレッジをかけすぎずに、ポジションを長く保有できるような方法が良いと藤巻氏は指摘する

 「それ以外だと、僕は米国の長期国債を対象にした金融商品は、買うべきではないと思っています。いずれ、FRBはバランスシートを再び縮小させていくでしょうから、FRBの長期国債の保有量が減ることで国債の価格が下落すれば、米ドル建て資産の元本が毀損する可能性がありますから、おすすめしません」

 そして、藤巻氏が推奨するもう1つの避難先が…

「伝説のディーラー・藤巻健史氏に聞く(3)日銀破綻に備え、仮想通貨口座は持っておけ!」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集部・堀之内智 撮影/和田佳久)

【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
外貨ex byGMO[外貨ex] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
外貨ex byGMO[外貨ex] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る