ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

フラッシュ・クラッシュは187週スパンで
起こった必然!? リスクオン再来は近い!

2019年09月06日(金)16:20公開 (2019年09月06日(金)16:20更新)
陳満咲杜

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■香港問題緩和などは、ドル/円の切り返しの後付けの理由

 前回のコラムでは、円高の限界を指摘した。また、米ドル/円の内部構造に基づき、8月安値トライ自体が「ダマシ」であった可能性を示した。執筆中の現時点で、米ドル/円は107円の節目を回復しているから、目先その可能性は一段と高まっている。

【参考記事】
米ドル/円に2つのシナリオ。いずれにせよ大幅な円高はなく103円台後半が円高の限界(2019年8月30日、陳満咲杜)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 もっとも、2015年高値を起点とした大型保ち合いが仮に延長されても、トライアングルというフォーメーションに留まると考え、巷の「常識」となりつつある本格的円高トレンドへ復帰する、といったシナリオに距離を置いてきたから、8月安値104.45円からの切り返しは当然の成り行きとみる。

 香港問題の緩和や米中協議の継続といった、いわゆる外部要素の好転云々はあくまで「後付け」であり、決定的な要素ではないことを改めて認識しておきたい。

■やはり「相場が正しい」

 たびたび指摘してきたように、米中対立の激化や、一時収束不可能と思われたほどの香港デモ問題など、かなり険悪だった状況にもかかわらず、米ドル/円は104円台に留まり、言われるほど円の上昇モメンタムは見られなかった。

 英EU離脱問題も、2016年6月の国民投票時より一段と危機的な段階に来ているにもかかわらず、米ドル/円はあの時の安値99.12円を割りこむどころか、105円の節目以下の終値さえなかった

 これはほかならぬ、市場心理の極端な悪化とは対象的に、市場内部構造は違うシナリオを示唆していることを意味するものである。

 危機的な状況とマスコミがあおり、米長短金利逆転や欧州各国国債利回りの軒並み低下で、景気見通しが一段と不透明であり、また世界規模のリッセション必至と解釈されるなか、本来ならば米ドル/円は100円の心理的大台をとっくに割り込んでいるはずだ。しかし、105円以下の終値さえなかったことから考えると、やはり「相場が正しい」と再認識してもらいたいところだ。

 前述の大型保ち合いのシナリオをもって相場を説明できなくもないが、トライアングル型保ち合いの延長よりも、そもそも安値トライ自体が「ダマシ」となり、2019年1月3日(木)安値104.97円をもって同トライアングルをすでに完成したのでは、という見方も高まりつつある。

米ドル/円 週足(クリックで拡大)
米ドル/円 週足

(出所:TradingView

 なにしろ、2019年が明けてからの米ドル/円の急落、いわゆる「フラッシュ・クラッシュ」が発生した原因に、未だに納得できる説明などない。いろんな解釈があったが、どれも説得力がなく、真相はよくわからない

 「フラッシュ・クラッシュ」とは、相場が理由もなく突然崩れてきたものだと思われがちで、またこのような曖昧な考え方が広く受け入れられている。よくわからないから、受け入れるしかないからだ。

 しかし、時間がかかるにしても、往々にして徐々に真相が浮上し、値動きの必然性や可能性を認識できるのが、相場の常である。時には数十年の時間がかかるケースもあるが、幸い今回米ドル/円はそこまで時間がかからなかったから、今こそもう1回、「フラッシュ・クラッシュ」の意味を再確認したい。

 前回のコラムで提示した米ドル/円の週足を…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る