ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

戦後で最も動かなかった今年のドル円、
大納会29年ぶりの高値をパターン化すれば

2019年12月31日(火)13:29公開 (2019年12月31日(火)13:29更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!


 昨日で日本の市場は2019年の取引を終えた。日経平均株価は29年ぶりの高値で終了したようだ。ということは平成元年の史上最高値のころから、ただひたすらに日本株は下がってきていたことを意味する。平成の最初の年だけ株高だったのは記憶に新しい。

 しかるにパターン的な考察からすると、令和元年がもっとも高くなってしまう可能性もあるということ。そして次の高値更新には再び30年近くかかるかもしれないということ。株価が高値圏でステイしているうちは何も対策を施さないで楽観視している。これは30年前の構図と同じだ。

 またドル円のほうは、戦後でもっとも値幅の少ない年となった。通年であれば、最低でも10円の値幅はあった。それが今年は高値が112円台で、安値が103円台という3円ほどのレンジにおさまったのである。

 ドル円は今後は上がるのか、下がるのかを議論する前に、そもそも来年の値幅はもっと小さくなるのか、または通常通りに戻るのかどうかのほうが興味深い。

 尋常に考えれば、動かないのは大きく動くための準備期間だとされる。力をためているだけだという考えである。2020年はオリンピックもあるし、大統領選挙もある。なんとか大きく動いてもらいたいというのが、相場関係者の意見でもあろう。

 今年も1年、たいへんお世話になりました。来年のマーケットコメントは6日の月曜日からとなります。よろしくお願いいたします。みなさま良いお年をお迎えください!

 

日本時間 13時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る