ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

やってるフリでは続かないリスクテーク、
ドル円ふたたび106円台に突入も

2020年03月03日(火)16:30公開 (2020年03月03日(火)16:30更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 週明けのアジア時間ではドル円が106円台に突入することもあったりなどして、リスク回避ムードが強烈になりそうであった。また米国債も時間外取引の中で急伸し、10年物の利回りは1.030%まで低下した。言うまでもなく史上もっとも低水準。

 週末に出された中国の景況指数がショックを与えたものと見られる。日銀の黒田総裁が「適切な措置をとる」とは言っているものの、日銀のオペレーションには限界があるので当てにできない。

 しかし昨日の海外市場では、おおむねリスクオンの状態となった。すでに大きく株価が世界的に下げた後でもあったので、自律反発が起こった程度のものだろう。それでも株価の上昇はマーケットに安心感を与えるには十分であった。またECBも声明を出して「何でもやる」と言っている。

 今日のアジア時間は、リスクオンの状態をキープして始まった。ドル円も東京オープンと同時に108.50あたりまで上昇し、前日の高値を意識する展開となった。今日はドル円で押し目買いに入るべきかなぁと思っていたところ、午後になってG7筋からの声明ということで、協調的な利下げや財政支出については触れない方向でまとまりつつあるという話しが出てきた。

 これまで政策支援がベースになってリスクオンとなっていたのだから、こうしたトピックは真逆のもの。マーケットの熱を冷ますことにつながる。米国株もグローベックスの中で大きく値下がりした。

 それでも依然として前日日でマイナス圏に落ち込むことはなかった。一方で日経先物のほうは朝につけた高値から600円以上も下落。ドル円も107.70あたりまで下げて、朝からほぼ1円弱のさげを演じたことになる。

 市場にあまり影響はなかったが、オーストラリアが予想に反して25ベーシスの利下げを敢行している。ともかくもG7関係の意向がよくわからない間は、株価の動向を注視していくしかない。リスクの調整モードが本格的になるならば、株価のもう一段押しもありうる。ドル円も再び106円台にまで突っ込むかもしれないのである。

日本時間 15時30分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る