ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル独歩高のなかストップ安の米国株、
経済対策のゆくえが今晩の手がかり

2020年03月23日(月)15:02公開 (2020年03月23日(月)15:02更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 先週はFEDの電撃利下げに始まって、各国の中央銀行が何らかの金融緩和策に動いた。それだけ金融マーケットも危機にさらされているということの現れだ。それでも金融操作の効果は薄い。

 週を通じての株価の値下がりはとても大きいものとなった。しかしだからといって金融政策それ自体が失敗だというわけではない。ただ市場の不安心理を払拭するまでには至っていないということなのだろう。

 そういう不安心理の増大で、為替市場ではドルの独歩高が進んでいる。それは金曜日も変わらなかった、早朝からポンドは1.1440まで突っ込み、ユーロドルも1.06台が自然に定着してきている。ドル円も111円台に乗せてきた。

 しかし欧州序盤にかけて行き過ぎの反省もあったものか、ドル相場の調整が起こった。それには欧州株の書き換え氏があったからだ。ドル円は109円台まで沈んで、ユーロドルも1.08台まで急回復。

 それでもニューヨーク時間ではニューヨーク市長が在宅勤務命令を出したことで、再び市場は大きなリスク回避姿勢を強めることとなった。米国株もそれまでのゲインをすべて吐き出し、大幅安ゾーンまで後退した。ドル買いの流れも活発化し、ドル円は111円台に値を戻してきた。

 今日は日本が連休明けだ。週明けは早朝のグローベックスセッションにおいて、すでに米国株は制限値幅いっぱいにまで下げきっている。日経先物も今年の最安値を下回ってきて、15060円まで安値を拡げている。

 これは日本が休みの愛大につけた戻し高値である17845円から比べると、3000円近くの急落となる。それだけ不安な状態が高まってきているのだが、それを反映して為替相場でも今しばらくはドル買い需要が高まるのだろう。ドル円は112円台や113円台があっても不思議ではない。

 今晩にはアメリカの追加経済対策が決定される運びとなっているが、これも下院などの反対で手こずっているようだ。これとの関連でこの後の米国株の下げ具合が左右されるものと思われる。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る