ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

パウエル議長も「なんでもやる」宣言、
ドル全面安でドル円は売り増しスタンス

2020年03月27日(金)15:13公開 (2020年03月27日(金)15:13更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日も米国株は大幅高となり、市場におけるウイルス感染拡大に対する心配の量は減ってきたようだ。ECBも無制限の資産買い入れ介入をすると公言したし、パウエル議長も「なんでもやる」と言いはじめた。確かに失業保険の件数は今まで見たこともないくらいに悪くて300万件を超えるほどであったが、これとてもある程度は想定済みとされて悪材料とはされなかった。

 そうなってくるとドル資金を手元に置いておこうといったドル資金手当のためのドル買いは需要がなくなってくる。もともとドルの大きな利下げ分を加味したらドルを売り込みたいところだ。それもあって昨日の為替相場ではドル相場が全面安となった。

 ドル円も109円台まで下がってきたが、これとても最近のレンジの下限であるといってもよい。もう一段押しがあれば市場は安心感を得たのだろうと確信が持てる。ポンドドルも1.22台まで値を戻してくるなど、大底から1000ポイント近くも回復してきている。

 ウイルスで問題はなくなったかどうかは私としても判断はつきかねるが、やはりファンダメンタルズにしたがってドルはどこかで売っておかないといけない。それでドル円を111円台で少しだけ売ってきたのだが、ポジション量は決して大きくはない。

 だから109円台になっても焦って利食いの買い戻しをはかることはしないのだが、今日になってやっとドル円は108円台に突入してきた。しかもかなり一方的な下げ方となっている。107円台も見ることになったら、そこから通常のサイズで売り増ししようと考えている。

 何度末を迎えてマーケットは忙しい。コロナウイルスもいよいよ感染が本格化してきて、アメリカですらも経済対策を打ってくるほどだ。3月末が会計年度末になるのは日本なのだから、日本の方が深刻だ。年金資金であるGPIFの運用状況も気になる。

 ちょっとでも評価を上げるべく日銀のETF買いも激しさを増しているようだ。やればやるほど官製相場の様相の度合いが大きくなるのだが、そんなのはお構いなしだ。役人的には無謬性の原則に基づかないといけないので、目に見える形での失敗は許されない。

 本当ならばウイルス感染絡みで補正予算も作ればいいのだが、本予算の成立を控えて、それができなくなっている。補正を組むくらいならば、今、協議している本予算を変えればいいではないかというのが野党からの要求だ。

 本予算は政府提案を1円も変えないことが通例となっているので、本予算を修正することができないというのが与党側の建前。それで4月になってからでないと明確な救済案を口にできないというわけだ。これで国民のための政治と言えるのか。

 東京都の外出自粛要請も、できることならば4月になってから出したかったことだろう。株価の下げ要因になることは、ちょっとでも4月以降に先延ばししたいはずだからだ。それを許さないくらいに感染状況は急を要しているのだ。

日本時間 15時00分


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10
経済指標速報記事 トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る