ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

コロナ関連の楽観ムードでクロス円反発、
ECB会合でユーロ高けん制となるか注目!

2020年09月10日(木)14:35公開 (2020年09月10日(木)14:35更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日の米国株は大きく切り返した。それはコロナ関連でやや楽観的なムードが拡がったことが大きい。ニューヨークでは規制が緩和されて、4分の1までならば店内での飲食も可能となった。

 また前日に治験の中止を公表していたアストラゼネカ社のワクチン開発も、来週にも再度のテストに入るという。これで安くなったところで拾いたいと考えていた連中の買い意欲を刺激することとなった。

 リスクの反転もあって、為替相場では円売りが優勢となった。ユーロ円は124円台の中盤まで差し込んでいたのに、それが125円台ミドルまで反発。値幅が小さいながらも、ドル円も堅調な地合いを維持した。

 そもそもワクチン開発というのは、基礎研究の部類に属する。常日頃、何をしてきたのかが問われる国家をあげての総力戦の一面がある。そして実際にはエイズ・ウイルスもSARSウイルスも、いまだにワクチンは完成していない。

 それなのに目前で必要だからと言って、そうにわかに製品化できるわけはないのである。戦争と同じで、そのうちワクチンが開発されるはずだという期待だけが先行している。ロシアや中国で国が承認したところで、そのワクチンが使いたくなるかどうかは、その国のこれまでにやってきたことによるのである。

 それでもマーケットでは今しばらくはワクチン開発の動向によって振らされることになるのだろう。今晩はECBの金利会合がある。金融政策に変更はないだろうが、先週にも問題になった為替水準への言及があるかどうかが焦点である。1.20台まで進んだユーロドルの上昇は目先おさまっているが、ラガルド総裁の発言次第ではユーロ上昇に弾みがつく可能性もある。

日本時間 14時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る