ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

期待通りの高い景況感だったがドル安に、
脱炭素のはずが原油も62ドルまで上昇

2021年02月22日(月)15:48公開 (2021年02月22日(月)15:48更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 先週は週初からリスクテークし過ぎだったので、その反動が金曜日に出た。アジア時間でも日本株などが大きく値を下げだが、それでも週の安値にまで届いていない。それだけ大きく上げていたということだ。そういったリスク調整もあって、ドル円の105円台の後半はとても重くなった、もう106円台への回復は困難に見せて、後は押し目がどこまであるのかが問題となった。

 海外市場ではドイツ、イギリス、アメリカの帰京指数が出た。やはり事前の期待通りで、どれも高めのものとなっている。年末年始のコロナ感染拡大の時期から、ワクチン接種の開始によってムードが好転したものと見える。そういうわけでマーケットもしっかりと反応はしなかった。結果としてドル安の流れが強まっただけ。ポンドドルは大台が変わって1.39台まで上がってきている。

 先週は原油相場が62ドル台まで上昇してきた。歩みが遅いので、価格が急騰したという印象が少ないが、これで去年のコロナ感染拡大の直前の水準まで戻してきたことになる。確かに去年の4月にマイナス価格まで沈んだのは極端であった。

 それも中心限月を外れてしまって最終取引日を迎えた薄い限月でのマイナス転であった。それでも当時の中心限月であっても6ドル台まで落ち込んでいる。そこからの戻しなのだから、景気回復による石油の需要増大が見込まれているのだろう。

 しかしアメリカがパリ協定に復帰して今後の30年間で脱炭素を世界同時に目指すことになるというのに、炭素排出の元凶とされている石油の需要が増してくるというのは皮肉なものである。それだけマーケットは脱炭素社会に向かう姿勢を本気だと捉えていないということか。


日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る