ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

GMO外貨「外貨ex」はザイFX!経由の口座開設者限定キャンペーン実施中!

FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
バックナンバー
羊飼い 羊飼い

5月8日(金)■『米雇用統計』と『NY株式市場の動向』、そして『複数のビッグイベントをこなした週末のポジション調整』に注目!

2009年05月08日(金)08:00公開 [2009年05月08日(金)08:00更新]

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!


本日の為替相場の焦点は、『米雇用統計』と『NY株式市場の動向』、そして『複数のビッグイベントをこなした週末のポジション調整』にあり。

週末金曜日。
ECB理事会明けであり、米銀ストレステスト結果公表明けでもある。

米国の経済指標は、
・「雇用統計:非農業部門雇用者数&失業率」※1
への注目度が高い。

米国以外の経済指標は、
・「英国の生産者物価指数」
・「カナダの雇用統計」
などに注目が集まる

また、経済指標以外では、
・「RBA四半期金融政策報告」
・「金融当局者や要人による発言」
・「ECB理事会明けの各市場の反応」
・「米銀ストレステスト結果公表明けの各市場の反応」
・「週末金曜日である点」
などの材料に注目したい。

その他、
「NY株式市場の動向」は重要。その上下に為替相場が影響されやすい地合いが継続中。

本日のメインは、「米雇用統計」。
「米雇用統計」は金融市場でもっとも注目度と市場影響度の高い経済指標であり、為替相場の反応も大きくなりやすい。
また、「ECB理事会」や「米銀ストレステスト結果公表」といったビッグイベントを複数消化した直後かつ「週末金曜日」であることなどから、ポジション調整などによる急激な変動には気をつけたい。

直近の金融市場のテーマは、
以下に関するものが主となっている。
・「経済指標の結果(良い内容に反応が大きめ)」
・「米国の金融機関(ストレステスト結果公表明け)」
・「米国の自動車業界(5月末に再建計画の提出期限が控えるGM関連など)」
・「ユーロ圏の金融政策(ECB理事会明け)」

★本日発表の経済指標の詳細
※1→「米雇用統計」とは、数ある経済指標の中でも最も市場の注目度や相場に与えるインパクトが大きいモノ。「雇用統計」のなかでも一番の注目は非農業部門雇用者数と失業率。予想とのブレが大きいこともあり、サプライズが起こりやすい指標。当月の数字と共に前月と前々月分の修正値も発表され、相場を動かす材料となるので注意が必要。

本日のトレード用のエサ
・06時00分:米)ストレステスト結果公表&FRB議長と財務長官による会見
・10時30分:豪)RBA四半期金融政策報告
・17時30分:英)生産者物価指数【コア】
・20時00分:加)失業率雇用ネット変化
・21時30分:米)雇用統計:非農業部門雇用者数失業率
・22時30分:NY株式市場オープン

5月4日からの週の為替相場の焦点
NY株式市場の動向
米国の経済指標(週末の雇用統計を中心に)
金融当局者や要人の発言(バーナンキの議会証言や講演あり)
ユーロ圏の金融政策への思惑(7日にECB政策金利発表あり)
米国の金融機関の話題(7日にストレステストの結果公表)
米国の自動車業界の話題(資本・経営・破綻処理等)

日本がゴールデンウィークである点

GMO外貨「外貨ex」今ならザイFX!限定4000円がもらえるキャンペーン中!

5月8日(金)の為替相場の注目材料 指標ランク
(注目度&重要度)
コンセン
サス
前回
発表値
・週末金曜日
・パリ市場休場
ECB理事会明け
米銀のストレステスト結果公表明け
RBA四半期金融政策報告
BOJ議事録(4月6日・7日開催分)
06:00 米国 米)ストレステスト結果公表
&FRB議長と財務長官による会見
SS 要人発言
08:50 日本 日)BOJ議事録(4月6日・7日開催分) - -
10:30 オーストラリア 豪)RBA四半期金融政策報告 - -
14:45 スイス ス)失業率 × 3.5% 3.4%
15:00 ドイツ 独)貿易収支 × +80億 +87億
ドイツ 独)経常収支 × +70億 +56億
17:30 英国 英)生産者物価指数[前年比] +0.7% +2.0%
↑・生産者物価指数【コア】[前年比] +2.3% +3.3%
19:00 ドイツ 独)鉱工業生産
[前月比/前年比]
-1.3% -2.9%
-20.9% -20.6%
20:00 カナダ 加)失業率 8.3% 8.0%
カナダ ↑・雇用ネット変化 -5万人 -6.13万人
21:15 カナダ 加)住宅着工件数 14.30万件 15.47万件
(14.65万件)
21:30 米国 米)雇用統計:非農業部門雇用者数 SS -62.0万人 -66.3万人
米国 ↑・失業率 8.9% 8.5%
23:00 米国 米)卸売在庫 B -1.0% -1.5%
26:00 米国 米)ラッカー:リッチモンド連銀総裁の
講演
BB 要人発言
26:15 米国 米)エバンズ:シカゴ連銀総裁の挨拶 BB 要人発言
太字→赤太字の順番で重要。ピンク太字は金融政策関連。ピンク色のバックは米国の材料で黄色は要人発言。
指標ランク
について
米国の経済指標はSS→S→AA→A→BB→B→Cの7段階で表記
その他の経済指標は◎→○→△→×の4段階で表記
指標部分についての免罪
事項及びご利用上注意点
今日の羊飼いの相場観 これからどっちに動く!?
米ドル/円は?
長期:下降トレンド中期:下降トレンド短期:横ばい

特段の方向感はないが、底堅く、少し上向き。NY株式市場の上下で日々の変動に付くしかないか。


ユーロ/米ドルは?
長期:下降トレンド中期:下降トレンド短期:下降トレンド

日替わりで難しいが、どちらかと言えばユーロの方が強い。ロンドン→NYの日々の傾向を見極めて。


★☆>>>>>>さらに詳しい内容は『羊飼いのFXブログ』でどうぞ!

【ドル/円】のスプレッドをランキングで比較。約40口座の最新スプレッドを調査!

FXのキャンペーンおすすめ10選!キャッシュバックがもらえる条件が簡単なFX会社や、「ザイFX!」限定のお得なキャンペーンを厳選して紹介
FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
羊飼い (ひつじかい)

FX情報満載の人気ブログ「羊飼いのFXブログ」を運営する凄腕ブロガー。日本ではまだFXが一般的でなかった2001年からFXのトレードを続けている。このコーナーはそんな羊飼いが今日発表される重要経済指標をズバリ解説!

執筆者のサイト
「羊飼いの外国為替FXブログ」

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10 田向宏行
トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム