ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル金利は低下だがドル相場はしっかり、
スコットランド選挙でポンドの動きに注意!

2021年05月06日(木)15:06公開 (2021年05月06日(木)15:06更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 イエレン財務長官の利上げ示唆とも取れる発言があったが、それをすぐに訂正したことで市場のインフレ期待は薄くなった。ドルの長期金利も低下傾向を示し、それが市場参加者に安心感をもたらした。米国株は堅調に推移し、ダウ平均は最高値レベルで終了した。

 ドル金利は低下しているというのに、ドル相場はそれほどもドル安には向かわなかった。ユーロドルは1.19台を深くは突っ込まないものの、かといって大きく反発するわけでもない。ドル円もどちらかといえば重たい足取りが続き、109円台の中盤以降にはかなりのオファーを残してしまっている。

 マクロ指標であるADP指数やISMの非製造業も予想を下回ったのだが、これも為替相場には反応薄だった。

 こうなってくるとドル売り視線を貫徹するのが困難になってくる。ドルは戻り売りのスタンスで臨みたいものの、ドルの押しがこれだけ浅いとなると、開き直ってレンジ相場であることを想定しての逆張りのほうが楽なのではないかとも思えてくる。

 ただニューヨーククローズ後にブラジル中銀が75ベーシスポイントの利上げを決定しており、予想通りであったとはいえ、世界的な利上げモードの一端であることを意識させるというのも事実だ。

 今晩はイギリスの金利会合があるが、これはあまり期待を集めていない。むしろイベントとしてはスコットランドの議会選挙のほうが関心を集めている。EU離脱をしたくない人々がスコットランドが独立していないからだと考えているからである。ポンドの動きに注意を払いたい。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る