ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

市場の催促とFRBの目論見にすき間が、
ドル相場は久々な大幅上昇でより注目の米PPI

2021年05月13日(木)15:05公開 (2021年05月13日(木)15:05更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日のアメリカのCPIは、事前の予想を大きく上回った。インフレ懸念が増大してきた今週に入ってからの動きとしては、マーケットは過敏に反応した。ドルの長期金利はようやく上昇に向かったのを契機に、為替相場ではドルが上昇。米国株はそもそも足腰が弱っていたところに追加の一撃を加えられた格好となって、一段安を強いられた。

 インフレ懸念の顕在化は重大である。問題はFRBの姿勢が依然として「物価高は一時的」だとしている点である。あくまでも金融政策のターゲットを雇用の回復にだけ焦点を当てているが、それが通じるのかどうか。

 できるなら9月のFOMCまでは金融政策のスタンスを変えないで放置しようと目論んでいたようだが、それが早晩、許されなくなってきている。俗にいう市場の催促というやつだ。次の6月のFOMCにおいてすら何か明確なメッセージを求められる状況となりつつある。

 そうした近い将来の動きの変化を感知したかのように、ドルは全面高となった。最近の値動きの小さい為替相場の中では、全面高でドルが100ポイント急の上げを演じることは実に珍しい。それだけ市場が受けたショックと将来の見通しの変更が大きかったと言えるだろう。

 私もちょろちょろとドル円などを少し買ってはすぐに利食い売りに出したりしていたが、あまり危ない局面もなく、1日を終えることができた。私としてもFRBの主要メンバーのインフレに関する意見を早く聞きたいと思いはじめている。ともかく今晩もインフレ指標としてはより重要な米PPIが出るので、注目しておきたい。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る