ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

松田哲さんの米ドル/円相場大予想!
1ドル=65円説の根拠とは?

2010年08月19日(木)11:08公開 (2010年08月19日(木)11:08更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

「松田哲さんの米ドル/円相場大予想! 1ドル=65円を目指す大きな流れとは?」からつづく)

 では、79.75円を下へ抜けた場合、前人未踏の領域(?)において、米ドル/円相場はどこまで行くというのか? いよいよ65円というターゲットの数値がどこから出てきたのか、松田さんに聞いてみよう。

■為替相場は半分や2倍になることが多い

 「為替相場がどこまで動くかの目安は、半分や2倍が多いんですよ。

 プラザ合意前の米ドル/円は240円で、そこから120円まで下がったのでこれは半分になりましたね。それがリバウンドして160円まで行って、また落ちてきて80円ぐらいになりました。これも半分です」

 下の米ドル/円長期チャートを確認してみよう。約半分になった動きがよくわかる。
米ドル/円 月足(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

 「この話は漠然とした経験則であって、科学的根拠があるわけではありません。だけど、相場ではこういうことがよく起こるんです。

 たとえば、ユーロ/米ドルもそうですよ。ユーロ/米ドルは2000年の安値0.82ドル台から、2008年の1.60ドル台まで上昇しました。これは下落ではなく、上昇の例ですが、ざっくり2倍になってるんです」

 今度はユーロ/米ドルのチャートを確認してみると、確かにだいたい約2倍になっている。
ユーロ/米ドル 月足(クリックで拡大)

■主要な高値の半分が下値ターゲットと考えられる

今シリーズ1回目の記事でも「半分」になる話が出てきたが、2倍になることを含め、このような例は結構多いらしい「松田哲さんの人民元相場大予想! 第2のプラザ合意で1ドル=2元割れが来る!?」参照)

 となると、米ドル/円は…
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る