ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

弱気相場入りに見えた米ドル/円だが、
91円台でターゲットはもう達成された!?

2009年07月17日(金)18:51公開 (2009年07月17日(金)18:51更新)
陳満咲杜

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■「トライアングル」下放れも否定されるか?

 これまで説明してきたような見方が正しければ、下図に示した大型の「トライアングル(三角保ち合い)」の下放れも、前述したダウ指数とS&P500指数の「三尊型」を否定した動きのように、これから否定される可能性があるのではないだろうか?
米ドル/円 日足(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

 足元の米ドル/円は、一時94円台を回復している。

 すでに3月19日安値の93.58円、および5月22日安値の93.76円を結んだラインを超え、「トライアングル」の内側に復帰しようとしており、先に述べた「三尊型」が示唆したターゲットを達成した目標達成感もあって、リバウンドが強まる可能性もありそうだ。

 なお、同じチャートでも読み手によって違ってくるため、一概に決めつけることは避けたいが、この「トライアングル」を大型の「三尊型」と見なすことには同意できない。6月の高値もパターンに入れると、「尊」は三位ではなく四位になるため、やや強引な見方だと思う。

■96円後半を超えるとドル高/円安トレンドが再開か

 最後に、仮に91円台が今回の円高局面の底であったならば、下図のように、大型「上昇フラッグ」形成というパターンも描きうるだろう。
米ドル/円 日足(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

 そのためには96円後半を超える必要があり、下降トレンドのレジスタンスを上抜けることによって、ドル高/円安トレンドの再開となるだろう。

 ちなみに、米国株式市場がそのまま一直線に上昇するとは思わないが、「三尊型」のパターンが崩壊して下値リスクがかなり後退したため、今後、円が果たす「リスク回避」の役割が薄くなる可能性は高い。

 もっとも、リスク選好度の高まりで、米ドル/円を除いたメジャー通貨ペアにおいて、米ドル安の方向に動く構図はなお維持される。しかし、それがこのまま続くとは限らない。

 今後の市況を深く観察し、この点について分析していきたいと思う。
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る