ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

オバマ大統領が経済対策を出すらしいが、
マーケットは静かなもの

2010年09月06日(月)19:53公開 (2010年09月06日(月)19:53更新)
持田有紀子

GMOクリック証券は当サイト限定キャンペーン中!4000円もらえる

 二番底への恐怖が和らいだ先週、そのクライマックスとなる金曜日の雇用統計。民間部門が増えていたということで安堵となったが、ISM非製造業の結 果は失望という反対の結果。どっちに反応してよいのか、結局はよくわからないだけになった。ある意味、そのこと自体が今の相場の微妙な動きをそのまま反映している気がする・・・。

 雇用統計は すっかり悪いだろうと思われていたので、ペイロールの結果そのものはマイナスであったにも関わらず、とにかくコンセンサスよりは良いかっ たわけで、発表直後にドルは全面高となった。ドル円は、先週の月曜日に日銀の緊急会合が行われるということで85円台後半をつけ後、失望売りに変わった後の戻りは84円台ミドルまでで、85円台というレートすら遠い感じたった。しかしこのペイロール発表は、一気にドル円を85円台まで走り上がらせることとなった。

 私も雇用統計の結果が悪ければ、84円台ミドルをバックにして、突っ込み売りを敢行するくらいのつもりだったのだから、世の中のショートはかなり溜まっていたのだろう。米国株のスタートは上昇してはじまったが、アメリカは連休前ということもあり、さらに高値追いという感じには見えなかった。ドル円は85円ちょうどをはさんでの攻防となり、ISM非製造業の結 果は予想より低かった。

 もう、えいやぁ、という感じで私はドル円を84.65で売ってみた。しかし40ポイントほどフェーバーになった後は、米国株も買い戻されてきた。慌てて私は脱げる兎モードになって84.40でポジションをクローズした。ニューヨーク市場のクローズにかけて米国株は買い先行となっていったが、為替市場 はそのままリスクテーク方向に動くこともなく、静かな状態が続いていた。
 本日はアメリカもお休みのうえ、イベントもないので、アジア市場でもまったくの小動きだった。アジア市場はリスクテーク方向に傾き続けたが、為替市場は静かなもの。アジア市場でドル円は84円台前半の10ポイント程度、ユーロ円も20ポイント程度の狭い範囲に留まっていて、欧州市場で少し株価が緩むと少し反応したが、ドル円は84円台を割れず。

 オバマ大統領が政権のもっとも重要な課題として、経済対策を打ち出すようだ。しかし大規模な対策は無理だろうすっかり思われているため、なんだかさっぱり期待感はない。私もドル円、ユーロ円は明確に先週の高値を抜けずにいるし、なかなかブル転もできずにいる。かといって、ここで焦って売っていくような環境ではない。もうちょっと様子を見るしかないのかも~。


日本時間 19時30分

取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2023年9月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る