ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

月100万円儲ける鳥居万友美さんに聞く(2)
RCIの二重底、三重底を見逃すな!

2010年11月19日(金)12:31公開 (2010年11月19日(金)12:31更新)
ザイFX!編集部
「月100万円儲ける鳥居万友美さんに聞く(1) RCIとの出会いがFXトレードを変えた!」からつづく
 

■RCIってどんなテクニカル指標?

鳥居さんの「決定版」といえるトレードスタイルを可能にさせたテクニカル指標、RCI。それは、順位相関係数と呼ばれるもので、計算式はかなり難解だが、意味合いとしては次のとおりだ。

 たとえば5日のRCIについて考えてみよう。

 まず、日付に順位をつける。当日が1位で、前日が2位、さらに日付をさかのぼるごとに3位、4位……と順位づけする。次に、5日間の終値について、高い順から1位、2位、3位……と順位づけする。

 ここで、日付の順位と、価格の順位が完全に相関する場合、つまり、日付の1位と価格の1位、日付の2位と価格の2位……というように完全に合致する場合にはRCIは100%となり、逆に、日付の1位と価格の5位、日付の2位と価格の4位……というように、完全に逆相関になるとRCIはマイナス100%になる。

 そして、その間の状態では、相関具合が高ければ100%に近くなり、逆相関が強ければマイナス100%に近づく。

 RCI100%とは、その期間のすべての日に価格が上昇したことになるし、RCIマイナス100%とはすべての日に下落したことになるのだ。

 つまり、100%に近い状態は上昇の動きが過熱した状態なので「売り」という判断となり、マイナス100%に近い状態というのは下落の動きが過熱した状態なので「買い」という判断になる、というのが基本的な見方だ。
ローソク足とRCI

■3つの時間軸のチャートを同時表示するのが「鳥居流」

 以上がRCIについての教科書的な説明だが、鳥居さんはRCIの威力を十分発揮するために、いくつかの工夫をしている。

 「実践の中でいろいろ試行錯誤してやっとたどりついた」(鳥居さん)というRCIの使用法が今回の新著『FXで月100万円儲ける私の方法[決定版]』では中心テーマの一つとなっている。

 これはザックリいうと、時間軸の異なる3つのチャートを並べて見ることと、それぞれのチャートの中で3期間のRCIの線を組み合わせて表示して見る使用法だ。

 つまり、パソコンの画像に表示されるRCIは「3×3」で合計9本となる。それを、ローソク足、移動平均線、ボリンジャーバンド、RSIなどといっしょに見ていく。

 時間軸の異なる3チャートについては、「4時間足、1時間足、15分足」か、「1時間足、15分足、5分足」という組み合わせを見る。

 そして、RCIの線の組み合わせは、9、26、52という期間の3線としている。

 下にそのサンプル画像を表示した。これは4時間足、1時間足、15分足という基本的な組み合わせのもので、3つのチャートが横に並べられている。
(クリックで拡大)
⇒Amazon.co.jpで『FXで月100万円儲ける私の方法[決定版]』を見る

 そして、ローソク足には、移動平均線やボリンジャーバンドが添えられ、その下にRCIとRSIが表示されている。そして、RCIについては、9、26、52という3つの期間のものが同時に表示されているのだ。

■RCIの「二重底」と「三重底」が重要な買いシグナル

 正直いって、慣れないうちは、この画像には目がチカチカしそうだ。3つの時間軸のチャートを並べるのではなく、1つの時間軸のチャートを表示して、それを切り替える形ではいけないのだろうか?

 鳥居さんは、「私も慣れるまでに少し時間が必要でしたが、やはり、最初から3つの時間軸のチャートを並べてみる習慣をつけた方がいい」という。

 「コツとしては、中心にみるチャートを一つ決めてみるといい」(鳥居さん)。

 たとえば、1時間足チャートを中心にみながら、適宜、左右の4時間足や15分足を見ていく、というふうにしていくのだ。

 「また、最初はローソク足と移動平均線だけ表示して、慣れるにしたがってボリンジャーバンド、RCI、RSI……と一つずつ付け加えて表示していくのもいいのではないか」(鳥居さん)という。

 「とにかく、一所懸命見ているうちにだんだん慣れてきて、異なる3つの時間軸のチャートの関連性が見えてきます。要は、実際の動きを見ながら慣れていくことが大事」(鳥居さん)なのだ。

 そして、これらの指標の中で、肝心のRCIの見方としては、鳥居さんが言うところの「二重底」や「三重底」を探していくのがコツ。

 そのポイントとなる「二重底」「三重底」とはどんなものなのか?
 二重底とは、期間「9」と「26」、あるいは「9」と「52」という組み合わせの2本の線が底打ちする動きだ。そして、三重底とは3線そろって底打ちする動き。これらは重要な「買いシグナル」となるが、特に三重底は重要な買いシグナルだ。
⇒Amazon.co.jpで『FXで月100万円儲ける私の方法[決定版]』を見る

■RCIが教えてくれる絶好の押し目買いポイント

 鳥居さんは、こうしたテクニカル指標を使って実際に自身が行っているトレード戦略をいくつも本の中で紹介しているが、最も多い戦略の一つが、「上昇トレンドの押し目買い」と「下落トレンドの戻り売り」だ。

 ごく基本的な戦略だが、基本に徹して着実に利益をモノにしていくのが鳥居さんのスタンスだ。

 そして、先ほど紹介した異なる3つの時間軸のチャートの同時表示が、この戦略をより確実なものとする。

 具体的には、「長い時間軸のチャートでトレンドを確認し、短い時間軸のチャートでタイミングを計る」(鳥居さん)のだ。

 たとえば、4時間足チャートを見て、移動平均線にそって上昇トレンドを描いているとしよう。

 そうすると、移動平均線にくっついてくるポイントが押し目買いのポイントになるが、その際に時間軸の短い1時間チャートを見る。そこで、RCIの2重底や3重底、特に3重底が確認できれば絶好の買いポイントとなる。

 このように、一つだけでなく、複数の時間軸のチャートを見ることによって、「失敗の確率も減るし、失敗した場合の損失も小さくなる」(鳥居さん)。

■2時間後に買い場が来るから、その間に買い物へ行こう

 RCIを使ったトレードのもっとも良い点は、「買いタイミングの到来ポイントが、ある程度予測できるようになること」(鳥居さん)だという。

 たとえば、日常生活の合間にパソコンでチャートを見ながら、「このRCIの線が下まで来たら狙おう。それまでに2時間くらいはかかるから、それまでに買い物に行ってこよう」というようなトレードが可能になるという。

 つまり、「RCIを見ることで相場シナリオが描きやすくなる」(鳥居さん)のだ。

 さらに、それと同じように、売りタイミングもある程度シナリオを描いて待ちかまえることが可能になる。もちろん、シナリオどおりにいかずに途中で相場が急変することもあるが、それにはストップを置いて対応すればいい。

 ストップにひっかからない限りは、シナリオを考えながらゆったりタイミングを待ちかまえ、十分に利益を伸ばしてから売ることが可能になる。

 「今ではだいたい1回のトレードで数十pips(米ドル/円でいうと数十銭の値幅)、場合によっては数百pipsも利益が伸ばせるようになった。数百pipsの利益など、RCIを使うまでは考えられなかった」(鳥居さん)という。

■初心者にこそ試してほしいRCI

 鳥居さんの話を聞いていると、がぜんRCIに興味をそそられるが、初心者にも使いこなすことはできるのだろうか?

 そうした疑問に鳥居さんは、「いや、初心者の方にこそ、このRCIを使ったトレードを試してもらいたいです」という。

 さらに、「初心者の人はスキャルピングが魅力的に見えると思いますが、知識や経験がない人のスキャルピングは結構危険です。私のまわりでも、スキャルピングで失敗したという話をよく聞きます。

 逆に、RCIを使ってようやく儲かるようになったという人が私の身のまわりに多いですし、ブログのコメントなどでもそうした声を寄せていただいています」(鳥居さん)とのこと。

 もちろん、投資で上達するには、ある程度のトレーニングや経験、そして慣れも必要だ。

 鳥居さんの新著『FXで月100万円儲ける私の方法[決定版]』では、実践例やトレーニング用の問題などが多く用意されている。

 それによってある程度要領を得つつ、さらに、実際の為替相場の動きをウォッチしたり、場合によっては少額でトレードの練習をするなどして慣れていくことによって、RCIによるゆったりトレードを初心者でも自分のスタイルとして取り入れることができるのではないだろうか。

(取材・文/小泉秀希 撮影/和田佳久)
【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る