ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

トレーダーとしての松本大を大解剖(3)
歴史的トレード、79円台でドルを買った!

2010年08月05日(木)11:37公開 (2010年08月05日(木)11:37更新)
ザイFX!編集部
「トレーダーとしての松本大を大解剖(2) 想定元本で約10兆円のポジション!」からつづく)

 「僕は79円台でドルを買ったことがあるんですよ。

 世界中探しても、79円台でドルを買ったことのある人はほんの一握りでしょう」

■1ドル=80円を割れた時、5億円分のドルを買った!

ドル/円が80円の大台を割れて、79円台に落ちたことは1949年に1ドル=360円となって以降、本記事を公開した2010年8月5日までの間に、たった1日しかない。

1995年4月19日。

 このとき、ドル/円は79.75円の史上最安値(円の史上最高値)をつけたのだ(※)。松本氏によると、「80円を割れたのは30分とか1時間とか、それぐらいの短時間」だったとのこと。

(※正確には戦前および戦後すぐの時期のドル/円レートはもっと低かった)

 それは、おそらく相当大変な相場だったと想像するが、そんな時に、松本氏が80円割れで思い切った買いを決断できたのはなぜなのか?

 「野生のカンですよ。野生のカンで買っちゃいました(笑)。気持ちよかったですね。

 僕はまとめて買いたかったんだけど、そのときはマーケットが薄くて、あまりたくさんは買えませんでした。もう異常事態だったので、みんな怖くて、マーケットに入ってこないんですね。

僕が買えたのは5億円分くらいじゃないかな」

■新聞に書いてあることは本当か? と疑う姿勢が大事

 松本氏は“野生のカン”と話してくれたが、それは何となく出てきた当てずっぽうのカンというものではないだろう。

 緻密に論理的に積み重ねて出てきた決断ではなかったとしても、日々マーケットと向き合い、考えを重ねてきた中で、直感的にひらめいたものだったのではないだろうか。

 このシリーズの第1回では「どんなニュースがいつ出たかということを松本氏がチャートに書き込んでいた」という話が出てきたが、そのような日々の積み重ねが、“歴史的と言える直感的なひらめき”につながったのではないだろうか。

 そこで、個人トレーダーのみなさんの参考になるよう、今一度、「ニュースをチャートに書き込む」話について、松本氏に聞いてみよう。

 「一般のトレーダーが実際に毎日、チャートへニュースを書き込んでいくのは大変かもしれませんが、相場がなんで動いたのか、解説記事を読むだけじゃなくて、自分で考えることはものすごく大切なことだと思うんですよ。

新聞を読んで何が起きたかを知ることは大して重要じゃないんです。だって、それは新聞を読んでるみんなが知っていることだから…。

 『新聞にはこう書いてあるけど、この理由は本当だろうか?』と考えることが大切なんです。『だって、この前は同じ理由で相場が上がったのに、今回は下がってるぞ』とかね。

毎回、“勝手クイズ”を解くみたいな気持ちで、マーケットが動いた本当の理由を考えるクセをつけてみる。そうすると、今の環境でこのニュースが出れば、上がるぞとか、下がるぞといったことが、新聞の解説記事が出る前にパッとわかるようになると思います」

 毎回、“勝手クイズ”を解く——これは相場のかなりいい勉強になりそうだ。

 さらに、松本氏はこれに関連して、“縁石の酔っぱらい”のたとえ話をしてくれた。

■縁石の酔っぱらいは車道と歩道、どちらに倒れる?

 「これはよく話すたとえなのですが、酔っぱらいが縁石の上を歩いていたとするでしょう。右に倒れると車道、左に倒れると歩道ですがバラがあって痛いとしましょう。

 そうすると、この酔っぱらいは右と左、どちらに倒れるでしょうか?」

 「100人中99人は車道側ではなく、バラが植わっている歩道側へ倒れるんですよ。これは倒れるときにいちいち考えてないですよね。

 『左は歩道、右は車道、左に倒れれば痛いかもしれないけれど安全、でも右に倒れればクルマにひかれるかもしれない』とあらかじめ情報が入っていて、バランスを崩した瞬間、それがとっさの動きに表れるわけです。

 そういうふうに常に情報を取って、考え方を身に染み込ませておくと、何か起きたときにどちらに動くか、反応しやすくなるのです」

■『メイク・マネー!』に出てくる“O氏”は僕のこと

 ソロモン・ブラザーズを描いた『ライアーズ・ポーカー』(マイケル・ルイス著/パンローリング)という本がある。この本は欧米で100万部以上売れるベストセラーになった。

 また、同じくソロモン・ブラザーズを描いた『メイク・マネー!』(末永徹著/文藝春秋)という本もある。

 どちらもソロモン・ブラザーズに在籍していた人が、その内側を描いたとても面白い本なのだが、それらに描かれている年代は松本氏がソロモン・ブラザーズに在籍していた時と結構重なっている。

 「『ライアーズ・ポーカー』を書いたマイケル・ルイスは最初に僕が配属された部署で1期上にいた人ですね。『メイク・マネー!』を書いた末永徹は僕と同期ですよ。

 そして、『メイク・マネー!』の中に出てくる“O氏”というのは僕のことです」

■松本氏はソロモンで電話を投げつけていたのか?

 記者にはどうしても聞きたいことがあった(特に大問題ではないのだが…)。それは松本氏が電話を投げつけていたかどうかということだ。

 ソロモン・ブラザーズの1980年代はブイブイ言わせていた時代だったようで、その会長のグッド・フレンド氏は「ウォール街の帝王」と呼ばれるほどだった(その後、ソロモンは吸収合併され、名称も結局消滅してしまうのは、はかないが…)。

 ただ、ソロモンは投資銀行の中ではどうも荒っぽい感じのところだったらしい。『ライアーズ・ポーカー』でも『メイク・マネー!』でもよく出てくるのが、気に入らないことがあるとトレーダーが電話を投げつけるという話なのだ。

 松本大氏のどうみてもスマートなイメージからすると、とても想像できないのだが、やはり「郷に入れば郷に従え」で(?)、松本氏も当時は電話を投げつけていたのだろうか?

 「僕は電話を投げたことはないです。それは時代もあるでしょうし、人にもよるでしょう。

 電話を投げたことはないけれど、アメリカ人とケンカはしました。それはソロモンの時もゴールドマンの時もです。

 こっちがものすごく忙しいときに、うるさく電話してくるヤツがいたので、“Fで始まる言葉”を言って、そのままバンって電話を切ったりね。

 ケンカは手は出しませんけど、口ごもっちゃうと負けなので、なんか来たらバーンと“先制口撃”できないといけない。だから、出社前に自宅でシャワーを浴びながら、“Fで始まる言葉”を含めたケンカ用のセンテンスをつぶやいてイメトレしたりしてましたよ」

 今の松本氏からは想像できない話だが…。やはり投資銀行というのは電話は投げつけなくても、激烈な環境にあるようだ。

 では、ここで松本氏に為替の長期見通しを聞いてみよう。

「トレーダーとしての松本大を大解剖(4) なぜ、ドルの底は抜けないと言えるのか?」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集部・井口稔  撮影/中野和志)
 
ザイFX!の「FX会社徹底比較!」ではマネックス証券のFXサービスについて、詳細なスペックをチェックすることができます。
FX会社徹底比較!:マネックス証券[FX PLUS]
【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る