ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

陳満咲杜さん生い立ち記(1)
所持金5000円からどう這い上がったのか?

2009年09月03日(木)15:19公開 (2009年09月03日(木)15:19更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 連載コラム「マーケットをズバリ裏読み」でおなじみの陳満咲杜(ちん・まさと)さん。陳さんの相場解説は興味深いが、きっと陳さん自身についてもっと知りたいという人も多いに違いない。だって、「所持金5000円で来日」って…。

 そこでザイFX!は陳さんに、相場じゃなくて「陳さんのこと」を聞きに行ってきた。


■幼少時代は舞台で「子役」をやっていた

 中国・上海で生まれ育った陳さん。その幼少時代には、なんと「子役」をしていたらしい。いきなりひっくり返りそうになった。

 「テレビはないから、舞台ね。私の母親が生まれた地方は越劇(日本の宝塚劇に似ている)で有名で、その地方の女の子はみんな舞台女優になったんです。私の母親もそう。昔は私もまあまあ、かわいかったからね(笑)」

 …とかる~く自画自賛。

 しかし、俳優を志すことはせず、美術家を志望。15歳では個展を開いたほどの腕前だったが、国立の美術名門校への受験に失敗したこともあり、1992年、天安門事件後の混沌とした中国を抜け出し、5000円を握りしめて、日本へやって来たそうだ。

■わずか所持金5000円で日本へ。来日初日は駅で寝た

 「若い人はチャンスがあれば、中国より豊かな国へ出たんですよ。当時は日本かアメリカだった。今ならベトナムかインドとかへ行くけどね」

 陳さん、このとき20歳。とりあえず日本語学校へ通おうと、親戚から借金をしての来日だった。

 「だって、親の月給合わせて日本円で8000円なのに、学費と入学金を合わせて35万円ですよ。たまたま日本に親戚がいたから、その人を頼ったんです。無謀と思われるかもしれないけど、当時の我々の周りはみんなそうだった」

 所持金5000円で、空港から新宿までリムジンバスに乗ったら残金2000円。しかも、迎えに来てくれるはずの親戚が1日到着日を勘違いしていたものだから、その日は「駅で寝た」そうだ。

 借金した上に居候を決め込む身、文句は言えない。

 「親戚にずっと頼るわけにもいかないから、すぐに仕事を探しました。勉強よりも、まず生き残らないと…。借金もあるしね」

■最初はテレクラのポスター貼りを…

 日本はバブル崩壊後で、バイトを探すのも難しかったらしいが、来日して2週間で運よく仕事が見つかった。テレクラのポスター貼りの仕事だ。言っとくけど、違法だ。

 「でも、その仕事は良かったよ。日払いで8000円になるから。警察に見つからないように夕方から貼り始めて6時間。夜中12時ごろまでかかったかな。雨が降ると仕事にならないから、毎日、雨が降らないように祈ってたね」

 やがて、四畳半のアパートを4人でシェアし、交替で寝泊まりする生活がスタート。アルバイトでの稼ぎは月に十数万円。うち1万円は家賃として消えるが、風呂代、食費、交通費を使っても、月に10万円は貯金ができたそうだ。

 「当時は女の子がすごくうらやましかった。スナックとかで働くと給料はいいし、きれいな洋服を着て、日本語もものすごい勢いで上達する。私は20代、ぜんぜん彼女ができなかったね。そりゃ1万円のアパートに住んでりゃ、できないよ」

 陳さんは自らの20代を「失われた10年」と呼ぶ。どうやら彼女が一番欲しい時期に、恋愛とは無縁だったことが、かなり深い心の傷になっているらしい。
■工事、新聞配達、皿洗い…考えられる仕事は全部やった

 来日後、1年半経ってからは仕送りも開始した。

 「考えられる仕事は全部したね。ティッシュ配り、新聞配達、工事現場、皿洗い、ラーメン屋、焼き鳥屋、おでん屋、中華、イタリアン、喫茶店などなど。厨房の仕事がメインだったけど、ウェイターもやった。冬は外でティッシュ配り、夏は屋台の焼鳥屋で働くといった具合で、それは苦労の連続だった」

 正月以外は働きづめ。そして来日して3年が過ぎたころ、仕送り以外にコツコツ貯めたお金で株を始めた。買ったのは本屋で立ち読みした雑誌の推奨株「三菱鉛筆」とか「八木アンテナ」。「下流社会から脱出したい!」という野心もあったが、「金持ちになれないと故郷に帰れない」という気持ちが強かった。結果は無残な失敗に終わったのだが…。

■中国で社長になったら、日本の留学生は採用しない!

 日本語学校、大学の聴講生を経て、24歳で大学を受験。いったんは帰国することも考えたが、中国人のメンタリティとして、お金か学歴のどちらかを手に入れないと帰ってもメンツが立たないのだ。

 受けたのは留学生に人気が高かった日本大学経済学部。理由はカンタン。4年間ずっと水道橋キャンパスなので、バイトの時間を確保できるからだ。380人が受験し、合格者は40人だった。

 「日本人の学生とはつきあわなかったね。年齢の差もあるけど、話がつまらない。日本の大学は楽勝ですよ。遊んでいても卒業できるもの。もし中国に帰って社長になったら、私は日本の留学生は一切、採用しないね(笑)」

 お~い、日本の大学生、聞いとるか~? 陳さんは日本の大学生が貯金を持っていないことにも、驚いたそうだ。

 「親には立派な家電製品を買ってあげたが、私は300万円貯めてからも自分が使うテレビや冷蔵庫などは拾ったもののまま。おそらく日本人は300万円なくても買ってるでしょ。日本人の学生に自分が300万円貯金があるって言ったら、びっくりして、“お父さん金持ちだろ”って。とんでもない!」

■ジュリアナ東京・北京版に出資して大失敗

 陳さんは、入学して2年目からは奨学金をもらい、大学3年の時にはすでにゲーム会社の社員だった。資金的にも余裕ができたので今度は「ベンチャー」に出資したが、これが大失敗

 「北京にジュリアナ東京の北京版をつくるっていう話だったんです。200万円くらい損しました。それですごく勉強して、兜町(※)の有名な先生に弟子入りしたんです。今度は彼のアドバイスに従って投資をしたら、日経平均の下落と共にまたしても大損。そこからは独学で猛勉強しました。お金がないから端株投資から始めたんですが、かなり取り戻しましたよ

 どこまでも悲壮感が漂うが、陳さんのタフさには脱帽。そして一連の投資経験が、証券会社への就職へつながっていく。

(※編集部注:兜町は東京都中央区にあり、数多くの証券会社が立ち並ぶ街。その名前は株式市場の代名詞となっている)

「陳満咲杜さん生い立ち記(2) 自分バブルが到来! 月に500万円稼いだ!!」へつづく)

(取材・文/八村晃代)
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る