ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

陳満咲杜さん生い立ち記(2)
自分バブルが到来! 月に500万円稼いだ!!

2009年09月08日(火)15:17公開 (2009年09月08日(火)15:17更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

「陳満咲杜さん生い立ち記(1) 所持金5000円からどう這い上がったのか?」からつづく)

 20歳のとき、所持金5000円で来日。生活のためバイトに明け暮れ、暗黒の20代を過ごした陳満咲杜さん。投資でも大損し、まさに痛恨の極み。ところが30歳になると一転、“自分バブル”が訪れる…。
 

 陳さんは来日後、一切色気なしで馬車馬のように働き、それから「さあ金持ちになるぞ」とコツコツ貯めた貯金を投資して大失敗。だが、株について猛勉強したことをきっかけに、証券会社に就職した。

人生に“無駄なこと”などひとつもない。

 ところが、採用はFA(ファイナンシャル・アドバイザー)職で、いっしょに研修を受けたのはオバチャンばかり。「オバチャンばかり」が不満だったわけではないが、「ここでは出世できない」と思い3カ月で辞表を提出した。

■「自分はスケベではない」と確信!?

 次に就いた職は、日本語学校の生徒を中国で募集するスタッフ。しかし、この仕事も半年でヤメ。

 「経営者がスケベで、スナックを毎晩3軒はしごするんです。私もいっしょに豪遊しました。一流ホテルに泊まっても、気づいたら床で寝ていたことも何度かあった。給料は25万円だったけど、3カ月で激ヤセしちゃって。通訳もしなきゃならないし、毎晩、遊ぶのは疲れるだけでバカバカしい」

 この時、陳さんは「自分はスケベではない」と確信したそうだ。実はストイックなのだ。

■自分バブルが到来! いい時は月に500万円稼いだ!!

 その後、中国株の取引経験が買われ、中国情報専門誌の株式担当記者へ。そこで書いた株式記事が中国系米国人の目に留まり、彼のスカウトを受け、いよいよFX業界入りすることとなった。

 そこでトップの成績を収め、香港やアメリカ研修のチャンスを勝ち取り、米国のオーナーに気に入られて、カスタマートレーダー、チーフトレーダー、アナリスト、ヴァイスプレジデント、関連会社の支店長、最後には役員までほぼ一直線に出世したという。

 ついにいい波がやってきた!

 陳さん、最初の仕事だったカスタマートレーダーは、客の注文を受けて、自分の判断で売買するもの。給料は歩合制。負けるとお客さんが離れていってしまうから、精神的にはきつい。毎日20時間相場を張り、いい時は月に500万円稼いだそうだ。

「30歳になって、いきなり自分バブルですよ。灰色からバラ色ね」

 そりゃー、有頂天になって当然だろう。「千円札を出すのに抵抗があった」ほどの極貧留学生が、札束持っちゃうんだもの。

 「やっぱり、金銭感覚は狂いました。70万円もする、いいスーツを平気で買ったり、いいホテルに泊まって、いい食事もする。出勤は毎日タクシーで、女性にブランドものをホイホイ貢いでいた。あの頃はクレイジーだったね」

 つくづく…、「反動」は怖いのだ。
■理想は自分の名前がついたヘッジファンドの運用

 たくさんのお客さんに接してきた陳さんは「言い方は悪いけど、儲かったお客さんより、損したお客さんからたくさん勉強させられ、自分も鍛えられた」と当時を振り返る。

 結局、この会社は日本から撤退することになり、陳さんはもう1回普通のサラリーマン生活に戻った。そして、アナリストとして3年働き、その間にブログを開設したり、処女作『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』を世に送り出したりした。

 「そこは何をしなくても良いようなヌルい会社で、暇つぶしにいろいろやってみたら、少し名前が売れたんです」と陳さんは言う。

 そして、ここまでの一連の経験を生かして、ついに陳さんは独立を果たしたのだった。しかし、理想は「自分の名前がついたヘッジファンドを運用すること」とか。

 もしや「チン・ファンド」????

■出世すれば愛人が8人。日本の比じゃない中国の格差

 ともかく話を聞いていると、陳さんのすさまじい上昇志向が、今の中国の発展と重なる。陳さんに言わせると、今の中国は「カネ」しか見ていないが、その欲望が経済を成長させているのだ。

 「中国はすごい格差社会ですよ。出世したヤツは愛人が8人もいる(笑)。うらやましい限りです」

 え、うらやましいって、そこ!?

 「日本も格差社会って言われているけど、中国やインドの比じゃない。日本は私が見た感じだと、7~8倍の格差。向こうは80倍です。それをみんな受け入れている。日本人は全体を底上げしようという発想でしょ。中国人は、自分が上へ行こう! そして上に行ったら、むしろ格差を確保したいと思ってますよ」

 なるほどぉ~、「格差を縮小しよう」は日本人独特の発想? 中国では、瀕死の状態で病院へ運ばれても、お金がないと手術をしてもらえないらしい。「金がないなら勝手に死ね」って世界。日本は良くも悪くも、「ヌル~い国」ってわけだ。

 陳さんは「今、日本で自分が下流だと思っている人は、今すぐ外に出るべき」とアドバイスする。

 「もし私が20代なら、中国かベトナムの嫁さんをもらって、そこで起業します。中国、ベトナムが今後、ブレイクすることはわかっているから、そっちの方がチャンスがある」

 日本語がしゃべれるだけで、上海ではいくらでも仕事があるという。

■下流には下流の理由がある!

 「日本は、下流の人ほど閉じこもってる。そして、外国から来るのもみんな貧乏な人。だから日本はダメになる。逆に、日本も中国も優秀な人はアメリカに流出している。だからアメリカには将来がある。優秀な頭脳とか富裕層を、もっと日本に入れないとダメなんですよ」

 陳さんの“下流社会論”が日本を救う?

 「下流には下流の理由があるんです。日本人は生活が苦しくて貯金ができないと、すぐに政治がダメ、国がダメって言う。でも、危機感を持って貯金をしなければいけない人に限って、勉強もしないで酒を飲んでいたり、キャバクラに行ったりしている。

 そして浮浪者になると国に文句を言う。そういう人はインドへ行って、本当の下流社会を体験するといいんです。日本がどれぐらいありがたい国かわかりますよ」

 自分は「下流以下だった」という陳さん。そこから這い上がった人の言葉だけに、さすがに重みがある。

「陳満咲杜さん生い立ち記(3) 『下流はFXをやるな!』の真意とは?」へつづく)

(取材・文/八村晃代)
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る