ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

ユーロは113円台、1.23ドル台が売り場!
反発しても、しょせんはショートカバー。

2010年06月17日(木)15:33公開 (2010年06月17日(木)15:33更新)
今井雅人

FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!

 みなさん、こんにちは。

先週のコラムで、ユーロが継続的に上昇するような環境ではなく、ユーロの戻り売りを基本戦略としたいとの見通しをご紹介しましたが、思っていたよりもユーロは少し上げ幅を広げてしまいました「ユーロは、戻り売りの基本スタンスを維持。継続的に上昇するような環境ではない!」を参照)

 逆に行ってしまい、すみませんでした。

■ユーロ問題が小康状態ならショートカバーが進みやすい

 これまでの上昇は、マーケットがユーロの話題に少し飽きてきたところで、ユーロ圏以外の国では景気回復の兆候が見られる始めるようになってきたために、ショートカバー(売り方の買い戻し)が進みやすかったということなのだろうと思います。

 オーストラリアでは、6月2日(水)に発表された2010年第1四半期の実質GDPが前年同期比で2.7%のプラスとなり、6月10日(木)発表の5月の失業率は5.2%で、4月の5.4%と比べれば0.2%低下しています。

 米国では、6月4日(金)発表の雇用統計は市場予想を大きく下回ったものの、上昇基調は健在です。

 また、景況感を示すISM指数は、製造業、非製造業ともに、景気拡大と縮小の境目である「50.0」を上回っています。
米国主要経済指標の推移
(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移

 その他では、今月に入って、ニュージーランドが約3年ぶり、カナダが1年2カ月ぶりに、利上げを実施しています。
各国政策金利の推移
(詳しくはこちら → 経済指標/金利:各国政策金利の推移

 このように、ユーロ以外を見れば、景気回復を示す材料が次々と出てきているのです

ユーロの問題が小康状態であれば、ショートカバー(※)が進みやすいというのもうなずけます。

(※編集部注:「ショートカバー」とは、ショートしていたもの(売っていたもの)を買い戻すこと)
■ユーロを取り巻く状況は変わらず、引き続き売り場探し

 ただ、そうは言っても、ユーロを取り巻く状況が何か改善してきたというわけではありません。ショートカバーはしょせんショートカバーで、ユーロがここからさらに上がっていくのは難しいと思っています。

 事実、それほど大きなインパクトは起こりませんでしたが、6月14日(月)には格付け機関大手のムーディーズが、ギリシャ国債の格付けを一気に4段階引き下げました。

 そして、その翌日の6月15日(火)には、米国の金融大手シティグループが6月末までに、ギリシャ国債を世界BIG債券インデックスから除くと決めたと報じられています。

 このように、ユーロをめぐるネガティブな話題には事欠かない状況です。

ユーロは再び上値が重くなるでしょうから、ユーロ/円であれば113円台、ユーロ/米ドルであれば1.23ドル台を売り場と考えておきたいと思います。
ユーロ/円 日足&ユーロ/米ドル 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 さらに、もう少し先を見通した場合、この相場がどこに向かうのかちょっと不透明ですが、基本的には、ユーロが短期間で大きく改善していくような展開はイメージできません。

中期的に見ても、ユーロは下方向のリスクが高いと考えておきたいです。

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
バイナリーオプション比較 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る