ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

マネーパートナーズ・奥山社長に聞く(4)
「即約定」の秘密はどこにあるのか?

2010年04月30日(金)14:09公開 (2010年04月30日(金)14:09更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

「マネーパートナーズ・奥山社長に聞く(3) 狭いスプレッドはどこかにトリックがある」からつづく)

■「即約定」の秘密はシステムではなくポリシーにあった

 となると、「即約定」の秘密はどこにあるのか?

 「それは、結局、お客さまに対するポリシーだと思うんですね。

『バレないんだったらすべっても、まあいいか』とか、『受けられないほどの注文が来たら約定拒否しておけば、まあいいか』といったスタンスがある会社なのか、ない会社なのかということです。

 すべらせていいんだったら、当社はもっと儲かっていますよ。でも、お客さまに見えにくいからといってそんなことをするのは、お客さまに対する背信行為だと思うんですね。ボクがユーザーだったら、そういう会社はイヤです。

 だから、マネーパートナーズは出したレートは必ず受ける(約定させる)形でやっているんです」

「即約定」の秘密は「ポリシー」にあったのだ。

 そしてこのポリシーを元に、顧客からの注文が来ると、まずはクリック時のレートで「即約定」させてから、その後にカバーを取りに行くシステムを採用しているとのこと。だから、約定拒否も基本的には起こらない。これは、専業個人トレーダー出身の奥山社長ならではのしくみ、と言えることかもしれない。

■PCとモバイルではなぜ約定のしくみが違うのか?

マネーパートナーズがなぜ「即約定」できるかといえば、それが「ポリシー」だから、ということまではわかった。

 では次に、「即約定」ということに対してマネーパートナーズがつけている「PCからのストリーミング注文に限る」という注釈の前半、「PCからの」という部分についてもう少し突っ込んでみよう。
マネーパートナーズのウェブサイトもチェック!

「PCからの」でないもの……それは「モバイルからの」である。

 「モバイルの場合は、たとえば、地下鉄に乗っていたりして電波が届きにくいところにいた場合、レートを取得してご注文いただいたあと、当社に届くまで10秒、20秒とかかってしまうということがあり得ます。

 さすがにそれは受けきれないので、モバイルの場合は「即約定」をうたっておりません

 つまり、「即約定」は「PCからの」注文に限定されており、「モバイルからの」注文の場合はそうではないということだ(※)。しかし、理由を聞けば、それも仕方のないことと思える。


(※さらに詳しく述べると、モバイルの場合は、アプリツール「HYPER SPEEDモバイルNEXT」を使用した場合と、モバイルWEB取引画面を使用した場合で動作が異なる。

 アプリツール「HYPER SPEEDモバイルNEXT」でストリーミング注文をした場合は、遅れて届いた注文がすべて約定拒否になってしまわないよう、スリッページ許容の機能を設けているとのことだ。

 また、モバイルWEB取引画面で注文した場合は、ストリーミング注文ではなく「成行注文」となり、これは注文が届いた時点のレートで約定することになる)


■為替のマーケットは「線」ではなく、「点」の連続

 では、「PCからのストリーミング注文に限る」という注釈の後半、「ストリーミング注文に限る」のところをさらに追求してみよう。

 これはPCからの注文であっても、ストリーミング注文以外の場合は、すべらないで即約定するとは限らない、ということを意味している。具体的には指値注文、逆指値注文では、注文レートとは異なるレートで約定することもあるのだが、実はこちらも「提示レート(正確にはTick)に忠実に約定させる」しくみとなっているのだ。

 では、そのしくみはどうなっているのか?
ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る