ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

ボリンジャーバンドはじめて物語(3)
~ボリンジャー氏が語った「強烈な陽転のサイン」とは?~

2008年11月27日(木)11:48公開 (2008年11月27日(木)11:48更新)
ザイFX!編集部

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

「ボリンジャーバンドはじめて物語(2) ~特撮カメラマンだったからこそできたテクニカル指標の開発~」からつづく)

——ボリンジャーさんが特撮カメラマンだったなんて、誰も知らないと思います。ザイFXのスクープかも!

 そのあと専業トレーダーになったのですが、ひょんなことからFNN(ファイナンシャル・ニュース・ネットワーク)という、全米初となる経済専門の放送局で働くことになりました。都合6年間は働いたでしょうか。ちなみにFNNはその後、3大ネットワークのNBCに買収されました。

■ボリンジャーバンドはとっさに命名されたものだった

 FNNでは裏方として働いていたのですが、ある日、正社員のストライキがあって、私が代役で出演しなきゃならなくなったんです。私は極度の“あがり症”だから勘弁してほしかったんですけど「どうしても今夜の放送に出てくれ」と頼み込まれてしまってね。その時に、自分がどういうトレードをしているかを、番組で披露したんです。

 実は「ボリンジャーバンド」という名前も、その時についたものだったんです。それまでは、私と数人の仲間だけが使っていただけでしたから、特に名前なんて必要なかった。ところが司会者に「このバンドは何と呼んだらいいんだい?」と聞かれて、とっさに「じゃあ、ボリンジャーバンドで」って答えて決まりました。

■ボリンジャー氏が語った「強烈な陽転のサイン」とは?

——僕はボリンジャーバンドという名前を初めて聞いた時、「ロシアのサーカス団の音楽隊」みたいだと思いました(笑)。ところでボリンジャーさんは、日本に来られたのは初めてですか?

 いいえ。2001年に、国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)の会議が日本であって、その時に来たことがありますよ。

 私はそこで「ボリンジャーバンドとローソク足の融合について」という講演をやらせてもらいました。内容は「株価がボリンジャーバンドから下離れしたところで「唐傘」(カラカサ)が出現すると、強烈な陽転のサインになる」という話。

 日本のテクニカルチャートというのは、実に興味深い。欧米で使われているテクニカル分析は、表面上は色々違いはあってもルーツは同じです。

 それに対して、日本とインドのテクニカル分析は、それぞれ独自に発祥しました。欧米のチャートは「黒か白か」にこだわるのに対して、日本のチャートは「継続性」を重視しています。欧米のテクニカル分析は、こうした日本の発想が持ち込まれることによって、飛躍的に発達しました。

 たとえば「ローソク足」というのは、日本で生まれました。始値、終値、高値、安値、その日に上昇したのか、下落したのかの関係性が一目瞭然です。欧米には「バーチャート」がありますが、数本のバーがどういう順序や形で現れたかによって相場を判断する「足型」の発想はありません。

——ZAiの人が「今後の相場の見通しを聞いてくれ」って言ってるんですけど…。

 相場が低迷しているから、みなさん、反転の機会を待っているんですね。米国株に関しては、今日の時点(11月1日・土曜日)で言えば、上昇しようとする兆しは見えています。金曜日は日本が大幅下落したのに、米国株は上昇しましたから。

■相場のことは相場に聞け!

 ただ「トレンドが変わろうとしている」のであって、「変わった」わけではありません。この状況では買いの準備に入るだけで、実際に買いでエントリーするのはまだ先です。

 「ダウはいくらぐらいまで戻すか」というような話を聞きたいのかもしれませんが、価格の目標を設定するのはトレーダーにとっては悪いことです。

 それよりも、今、現実の相場で何が起こっているのかを見て、それに則した行動を取るようにしましょう。「相場のことは相場に聞け」というじゃありませんか。


■ボリンジャーさんへの取材を終えて byワタナベくん

 最後のは愚問でしたかw この時、ボリンジャーさんは「目標価格(早晩ダウは1万ドルまで戻すだろう等)が耳に入ると、それが先入観となってトレードに微妙に影響してしまうかもしれないので、よくよく気をつけなければいけない」というようなことをおっしゃっていました。

 ボリンジャーさんのような大家でさえ、注意しているということだと思います。感情を排除するというのが、テクニカルトレードの永遠のテーマなんですね。

 写真の感じからもわかると思いますが、ボリンジャーさんはとても気さくでいい方でした。また、実際にご自分でもトレードをやられているので、相場について語る時には熱いものを感じました。いただいた名刺は家宝にしようと思います。どうもありがとうございました。

(謎のトレーダー・ワタナベくん)
【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る