ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

鬼頭あゆみがFXにチャレンジ!(4)
~チャートはこの3つだけ見ればOK~

2008年12月25日(木)12:32公開 (2008年12月25日(木)12:32更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

「鬼頭あゆみがFXにチャレンジ!(3) ~1日いくら損してもいいかをまず考えよう~」からつづく)

鬼頭 チャートはどうやって見ればいいんでしょうか?

今井 すごくシンプルに考えればいいと思うんですよ。ローソク足と移動平均線とトレンドライン、最初はこの3つだけでいいでしょう。

■移動平均線が上向きなら買い、下向きなら売り

 移動平均線が上向いている時は上昇トレンド、下向きになると下落トレンド、横ばいの時はもみ合いです。僕は25日移動平均線が好きなんですが。

 また、移動平均線とローソク足の位置関係は、上昇トレンドであれば、ローソク足は移動平均線より上、下落トレンドであれば、ローソク足は移動平均線より下にあります。

 それで、移動平均線が上向いている時は基本的に買いから入りましょう。これが下向きになったら売りから入りましょうということです。
ローソク足と移動平均線

鬼頭 なんか簡単そうな気がしてきました。

今井 そして、長い期間のチャートと短い期間のチャートを組み合わせて見るといいでしょうね。長い期間のチャートで全体的な流れを見て、短い期間のチャートで実際に取引するんです。

 たとえば、日足と1時間足を見るといった感じですね。デイトレだったら、1時間足と10分足でもいいと思いますよ。

■トレンドラインはこうやって引け

鬼頭 トレンドラインとはどういうものですか?

今井 たとえば、下のチャートのAですが、ここでローソク足の頭を結んでいくと、斜めのラインが引けますね。これがトレンドラインです。

 トレンドラインは結ぶ点が2つ以上あれば引けます。点が3つ、4つと多ければ多いほど、そのラインが強い意味合いを持ちます。
トレンドライン入りのチャート

 上のチャートのBのラインは通過する点が1つしかないですが、こういう時はAのラインに対して、平行にラインを引けばいいんです。

鬼頭 これは下がってるチャートだから、さっきの話だと売れば儲かりますよね? どの時点で売れば良かったんでしょうか?(「鬼頭あゆみがFXにチャレンジ!(2) ~FXでは外貨を買うだけでなく、円も買える!~」参照)

■投資家の心の中を想像しながらトレードすべし

今井自分で投資家の心の中を想像するといいんですよ。私がもし買っていたら、どうなるかな~と。買ってる人は上がらなくていやだろうなとか。

 そうすると、AのラインとBのラインの間で、いったん下がったとしても再び上がるような動きを続けていたものが、C点ではラインを完全に割り込んで下がっていますよね。こういう値動きを見て、この状態になったら買ってた人は売るだろう、投げるだろうな~と思えるようになったらいいんです。

鬼頭 ちょっと意地悪な感覚ぐらいでいいんでしょうか…。

今井 それと、斜めのラインだけでなく、横に引くラインも大事ですね。11月27日にいったん、95円付近まで下がってきたものの、そこから反発して上がっているでしょう。この95円のところに横のラインを引きます(Dの点線のライン)。

今井 すると、C点ではこの横のラインも完全に割り込んでいますよね。だから、このチャートでは、C点がズバリ、売るべきポイントだったと言えるでしょうね。

鬼頭 わかったような気がします…。だけど、もうちょっと勉強が必要かな。

今井 チャートを見て取引するには感性を磨くことも大切ですね。のべつまくなしにいつも取引していてはダメなんです。チャートを見ていて、「あっ!」と思う瞬間があることが大切。C点のようなところで、「あっ、下がる!」と思って売るのが理想的です。

鬼頭 ほかにFXを取引する上で、気をつけた方がいいことはありますか?
 

今井損切りラインをあらかじめ決めておくことですね。もしも、買いから入る場合だったら、ここまで下がったら売って損切りしようと買う前に決めておくんです。

■買ったあとで損切りラインを考えるのでは遅い

今井 買ったあとで考えようとすると、うまくいかなくなります。「ポジションがかわいくなる」というんですが、自分の間違いを認めたくなくなるんです。だから、損切りラインは取引する前に決めることが肝心。

鬼頭 株の取引で経験があるので、その感じ、わかります。

今井 利益をどこで確定するかということもイメージしておいた方がいいですが、一番大事なのはやっぱり損切り。これがお金を守るコツでしょう。それとナンピンはしないこと

鬼頭 ナンピンってなんですか?

今井 買って下がっちゃったから、安いところで買い増しして、平均単価を下げようというのがナンピンです。最初はナンピンなんかしないで、売買は1回で完結した方がいいですね。分割して買うようなやり方は慣れてきてからやればいいでしょう。

鬼頭 ナンピンはしないと誓います!

■相場がなんで動いたのか、振り返っておこう

今井 それと、ぜひやっていただきたいことは、その日の相場がどうして上がったのか、下がったのかということを、ニュースや解説記事などで読むことです。これは1日1回、10分程度でいいですから。

 今日はこの経済指標が出るから、こういうふうに相場が動くだろうなどと事前に予想するのは最初は難しいでしょう。だから、後講釈でいいので、動いた理由を把握しておくといいと思います。

 そして、たまにでいいですから、自分のやった取引を振り返ってみるといいでしょうね。きっと何かクセがありますよ。同じような損の仕方を毎回してるとかね。

鬼頭 今井さんの話を聞いて、FXのナゾがだいぶ解けてきました。これからいろいろ準備して、FXの取引を始めようと思います。今日はどうもありがとうございました。

————————————————————————

■今井さんにお話をうかがって by鬼頭あゆみ

 FX=外貨両替!?

 それならば…!

 とまず思ったんです。私はここ数年リポーターとして世界遺産を巡っていて、いろーんな国のお金を使ったことがあるし、FXに向いてるかも~と。

 ただ、興味を持ったものの…。あれれ…FXの資料を読むたびにキツネにつままれた気分に。買うこともできて、売ることもできるんだぁ~。両替は買うことしかできないから、売るってなんだろう???

 そんな初歩的な疑問を持って訪れた私に、今井さんはイチからていねいに教えてくださって感動でした。いや~、さすが選挙に出られる方ですね。みんなを魅了するような素敵な声。
 そして、FXをする上で大切なこと…。それは人生においても大切なことなのでは? と思えるくらいのお言葉。

「同じ状態は長く続かない」

 そうですよね~。もっと前にこの言葉に出会えていたら…。今までの人生の失敗も半分ぐらいで済んでいたかも。あぁ中国株…、あぁ日本株…。

 その失敗を取り戻すべく、FXでは初心を取り戻して頑張ってみようかと。

 チャートでの売買方法をたった数時間でわかった気分!? にさせてもらえて賢くなった感じがしています。
【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る