ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ圏でも利上げを主張する声、
ドル円狭いコアレンジ抜け切れずだが

2021年12月21日(火)15:39公開 (2021年12月21日(火)15:39更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 ロンドンとニューヨークでもコロナ感染の拡大が目立ってきて、やっぱり新種株による流行は避けられないとの見方が強まった。マーケットはリスク回避が強まり、東京時間だけでも日経平均株価は600円以上も値下がりして、27000円だいまで下がってきた。この時期に27000円台まで下落してくると、今年の年足がどうなるのかが気になるところだ。

 今年の日経先物の始値は27505円である。これよりも上で今年を終えれば、2021年は陽線だったことになる。そうでないと今年は陰線となって、株価は値下がったことになる。業者にとってはここ数百円の値幅が大事だと言うことになる。

 なんとか持ちこたえてもらいたいといったところだろう。ちなみに今年の日経先物の安値は26845円である。これとてもすでに視野に入ってきているようだ。残り2週間足らずの間に、底割れをしてもおかしくはない。

 そのようなリスクオフに加えて、バイデン政権の目玉政策である大型歳出をともなうBBB法案の行方が怪しくなってきた。上院では与野党が拮抗している中で、民主党の中から反対意見が出てきたのだ。ただしマンチン議員の言っていることは、最初からずっと変わっていないだけなのだが。

 これまでこれを歓迎してリスクテークしてきた面も強いだけに、半額に減らされただけでもショックなのに、それが飛んでしまうのでないかとの悲観的な見方も強まった。リスク回避で世界的に株価は大幅やすするのにともない、リスクに敏感とされるユーロ円も127円台のミドルまで押し込まれた。

 私もドル円でも売ってみようと思ったのだが、いかんせん、ここ最近のコアレンジである113.30から113.70の間を抜けきっていない。だからドル円単体では動意に欠けるものがある。代わりにユーロドルでも売ろうとも思ったが、ユーロの方はドイツ連銀のメンバーが利上げをプッシュするような発言をしていたので、ユーロの腰は強い。

 ニューヨーク時間になると、BBB法案は妥協が図られ、修正されるのではないかという楽観論も出てきたようだ。それで米国株は大幅安から回復し、目先の底を打った形となっている。ユーロ円も大底から反転。128円台まで値を戻してきている。

 今日もマーケットの材料が少ない。その分だけコロナ感染とBBB法案の動向に関心が集まる。ウワサだけでも動きやすい相場状況になっているので、チョッピーな動きにも要注意だ。

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る