ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

ガンパウダー・鈴木隆一さんに聞く(3)
なぜ、米ドル/円はクセが悪いのか?

2009年10月26日(月)17:34公開 (2009年10月26日(月)17:34更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

「ガンパウダー・鈴木隆一さんに聞く(2) 米ドル/円はほぼ底打ち! その根拠は?」からつづく)

■なぜ、米ドル/円はクセが悪いのか?

 以前は英ポンド絡みの通貨ペア、最近はユーロ絡みの通貨ペアを取引しているという鈴木さんだが、それでは、日本の個人トレーダーが一番注目している米ドル/円を鈴木さんはトレードしないのだろうか?

 「米ドル/円はやらないんですよ。米ドル/円になると途端にトレードがヘタクソになるんです。ディーラー時代から、米ドル/円ではあまり勝った記憶がありません。

 不思議と相性が悪いんですね。『ボク、日本人じゃないのかな~』なんて思ってしまうぐらいです」(笑)

 なぜ、鈴木さんは米ドル/円と相性が悪いのだろう?

 「ディーラー時代から、米ドル/円のイヤな面を見すぎてしまったということはありますね。米ドル/円は特殊な動きが多いんですよ。

 米ドル/円は東京時間の昼間とか夕方とかに、何の理由もないのに、50銭ぐらいポ~ンと動くことがある。こういう動きは、機関投資家が債券を買うための玉が突然出てきたものだったりするんです。あるいは投信の設定絡みで出てきた玉だったりね。

こういう相場は、その裏にある機関投資家の動きが見えない限り、絶対に取れません。そういうものをさんざん見てきているので、米ドル/円はどうもイメージが悪いんです。

 以前と比べ最近は、機関投資家の扱う通貨が多様化してきており、このような妙な動きが米ドル/円だけに片寄らなくなってはきていますが…」

「米ドル/円はクセが悪い」といった話は、記者は松田哲さんからも聞いた覚えがある。読者のみなさんで米ドル/円ではどうも勝てないという方は、他の通貨ペアにチャレンジするのもいいかもしれない!?

■鈴木さんに聞くテクニカル分析の極意

 では、最後は鈴木さんに「テクニカル分析のコツ」について聞いてみよう。

 テクニカル指標について一応の知識はあっても、実際に使ってみると、なかなかうまくいかない……などと悩んでいる読者も多いのではないだろうか?

 「まず、自分がどういうトレードをしたいのか決めないと、テクニカル分析は使っちゃいけません。どんな期間でトレードするのか、どれぐらいまでの損失に耐えられるのかといったことを決めないとね。

 それによって、使うテクニカル指標自体が変わってくるし、仮に同じ指標だったとしても設定するパラメーターが変わってくる可能性があります」

■方向性の判断とエントリーポイント探しはまったく別

 実は「自分のトレードスタンスをまず決めるべし」という話は割とよく聞くところではある。しかし、そうなると、トレードスタンスは各人千差万別だから使うテクニカル指標も各人異なる、みなさん、それぞれ努力してください……以上終了! となってしまう!?

 そこで、記者は鈴木さんに食い下がったのだった。

 たとえば、数時間~数日程度のトレードだったら、どんなテクニカル指標を使ったらいいんでしょうか?

 「それもまた微妙ですね。1日の中で終わるデイトレだったとしても、40銭、50銭を狙おうという人と、5銭、10銭の利益を3回か4回に分けて狙おうという人ではまた、違ってきてしまいますから…」

 う~む、またかわされてしまった。こうなったら、もっと具体的に……。

 普通は50銭ぐらい取ることを狙っていて、もしも1円取れたらラッキーぐらいに思っている人を想定したら、どうでしょう?

 「これは少し短めのスイングトレードということになるでしょうね。それなら日足と1時間足を基本とすればいいでしょう。これでまず、方向性を見ます

 そして、具体的なエントリーポイントをもう少し細かく探すために、5分足とか15分足を見ておけばいいと思います。

 大切なことはチャートで方向性を判断することと、実際のトレードでエントリーすることはまったく違うということです」

■買われている相場の中の売られすぎを探す!

 では、上記のことを頭に入れた上で、いわゆる「押し目買い」の方法を鈴木さんに解説してもらおう。

 「たとえば、日足のチャートを見て、これは上がりそうだと思ったとしましょう。これから買われていく相場だと方向性を判断したということです。

 この時、15分足など、これより短い期間のチャートでは、逆に売られすぎているポイントを探すんです。売られすぎているわけですから、チャートは下がっているはずです」

 「そこで、いったん下がりきったところから反転が見え、上がり始めたところ、つまり15分足と日足の方向性が一致したところが絶好のエントリーポイントになります」

「ガンパウダー・鈴木隆一さんに聞く(4) FXではなぜ233日移動平均線がいい?」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集部・井口稔  撮影/中野和志)
【2023年2月2日時点】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆松井証券「MATSUI FX」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
※スプレッドは成行(ストリーミング)注文に適用される水準。それ以外の注文方法では、通貨ペアによってはスプレッドの水準は異なる
【松井証券「MATSUI FX」の関連記事】
■松井証券「MATSUI FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券「MATSUI FX」▼
松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら

◆マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア
※1万通貨までの注文量に適用されるスプレッド。ユーロ/米ドルは、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の関連記事】
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」▼
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の公式サイトはこちら

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア 1通貨
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1000通貨
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを 解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比 較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら

◆ゴールデンウェイ・ジャパン⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.1銭原則固定 0.3銭原則固定 0.2pips原則固定 29ペア 1000通貨
※ユーロ/円は、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【ゴールデンウェイ・ジャパンの関連記事】
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF GX-FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ゴールデンウェイ・ジャパン▼
ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
 ユーロ/米ドル

◆ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~2.0銭 0.4~3.2銭 0.3~1.5pips 51ペア 1000通貨
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら

◆JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~2.0銭 0.4~3.2銭 0.3~1.5pips 38ペア 1000通貨
【JFX「MATRIX TRADER」の関連記事】
■「JFX「MATRIX TRADER」」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら

◆外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2023年2月4日までのキャンペーンスプレッド
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る