ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

身構えたFOMC議事録はノーサプライズ、
ドル金利は低下しドル相場の上昇も一服だが

2022年02月17日(木)15:23公開 (2022年02月17日(木)15:23更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 今年に入ってからのマーケットの心配は、インフレとコロナ感染だったが、それにウクライナ情勢が加わったかたちとなっている。そのうちコロナの感染拡大がようやくピークアウトしてきたようで、各国は規制緩和に動き出している。

 ドル金利はようやく今年の利上げもある程度はやむなしということで、金利水準も落ち着いてきた。そしてウクライナ情勢も15、16日にも進行ということだったが、当面は外交交渉を続けると言うことで紛糾は先送りになったようだ。

 夜中に発表されたFOMCでの議事録は想定の範囲内のものであり、市場を安心させた。雇用環境の良さとインフレの心配が確認され、利上げのペースを前回の利上げ時よりも速めるべきだとの見解が示された。

 もっとタカ派的な議論もされていたかと考えられる向きもあったが、サプライズはなかったといえよう。ちょっと過度にタイトニング傾向を恐れていたせいもあって、リスクの巻き返しが起こった。ドルの金利が短期も長期も低下したので、ドル相場の上昇も一服。それらを好感して米国株は急伸した。

 ドルの短期金利では年内に7回分の織り込みから6回分まで減退した。6回分と言うことは150ベーシスポイントである。3月からのFOMCで毎回25ベーシスずつ引き上げるという方法もあるが、それでは足下に差し迫ったインフレの脅威を 押さえ込むには足りないだろう。同じ150ベーシス上げるのであれば、速めにドカっと上げる方がより効果的であろう。

インフレ対策だというFRBの以降も示せるというものだ。3月、6月で50ベーシスずつの利上げが必要と思われるが、いよいよ迫る3月FOMCでは25ベーシスしか上げないようなことが起こると、それはマーケットにかなりの失望感を与えることになりそうだ。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る