ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米CPIで大きく上昇したが反落のドル円、
高め予想の今晩PPIでドル高となるか

2022年05月12日(木)15:07公開 (2022年05月12日(木)15:07更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 すでに50ベーシスずつの利上げが数回続くことが見込まれている状況のなかで、アメリカのCPIの発表となった。結果は予想をやや上回ったものの、インフレ進捗のペースは鈍っているのが確認された。ファーストアクションでは金利上昇に向かったが、すぐに低下。ドルも同じような動きをする。米国株もショートカバーの契機を得たようだ。

 私も数値が出ると同時にドル円を少し買ってみたのだが、利食い損ねた感が強い。高値は130.80くらいまでつけたのだが、そのあたりでは手が出せるわけもない。もっと上がるかもと考えているからだ。そこから下がり始めると、まったく戻しはつくらなかった。

 スピードがのろい分だけ、成り行きで売っていくわけにもいかなかった。結局は買ったレベルと同じようなところでしか売ることができなかった。なんだか時間を掛けただけ無駄であった。

 そしてFEDのメンバーが利上げのペースを速めるように必要性を強調したので、米国株は反転・下落を強いられることとなった。マーケットはリスク回避に向かい、ドル円、ユーロ円は頭が重たくなった。またドル金利の低下はいっそう激しくなってきた。

 またラガルド総裁もユーロの7月利上げに前向きな発言をしていたことで、ユーロドルの下値は限定的だった。だがECBの利上げは消極的な姿勢が目立つため、急反発ということはない。

 さて今晩はPPIである。重要度でいえばCPIよりも重要である。CPIよりも先行性があるので、回り回って後ほどインフレの見方に影響を与えるからである。市場の予想も高めのものが準備されており、プラス0.5%を上回ることが期待されている。昨日、ドルが上げきれなかった分、今日は上げるだけの余地が残っているように思える。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る