ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

円安効果か目を引く日本株の下がらなさ、
リスクの駆け引き続くがドル拾っておく

2022年05月19日(木)15:13公開 (2022年05月19日(木)15:13更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の東京時間で日経先物は27000円台まで乗せてきて、当面の買いたくて仕方のない人びとの買い需要を満たしたようだ。セル・イン・メイといわれているのに、それに逆らってでも買って行く。しかも米国株は戻った後だといっても、レベルとしては今年の最安値近辺をウロウロしている。

 外部環境としてはウクライナ問題、上海ロックダウン、米金利高と、なにひとつとってみても株買い材料はない。そういうファンダメンタルズのもと、買いに買いまくったのである。円安が進行していて、それが構造的なものであるということで、それが安心感を与えたのかもしれない。しかし昨日の海外市場では、米国株が大幅安となった。今年最大の下げ幅となったと言えよう。

 それでも日本株の優位というか、下がらなさが目立った。米国株の代表とされるS&P先物は160ポイントもマイナスしている。その状態の中で、日経先物は500円しか下がっていないのだ。1500円は下がってもいいところだ。下げ足りないのである。下げ余地があると解釈すべきなのか、下がってもここまでなのか。それは今後の動き次第だと

 さて今晩もマーケットの中でのファンダメンタルズは変わっていない。いよいよ米国株も今年の最安値をトライするかもしれない距離にいる。パウエル議長の発言から当面の利上げペースはギャランティされているようなものだから、やはりドルは下がったところでは拾っておくに限る。ユーロドルを売り込んでいきたいところだ。

日本時間 15時00分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る