ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

景況感などの悪化によりドル金利も低下、
ドル円久しぶりに126円台突入だが

2022年05月25日(水)15:25公開 (2022年05月25日(水)15:25更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日はハイテク産業の決算不振で、米国株が再び安値攻めした。またマクロ指標でも世界の景況感が予想以下に終わったのが意外ととられた。なぜならウクライナ紛争も落ち着いてきて、投資マインドは回復してきているとみられていたからだ。ドル金利は低下に向かい、ドル相場は全面安にむかった。ドル円は久しぶりの126円台に突入している。ユーロドルの1.07台もフレッシュな感じだ。

 私は基本的にドル・ブルの姿勢を堅持しているので、なかなかドルの下げ局面では参戦するのが難しい。むしろドルが売られているなかのリバウンドを狙っていたりする。ドルの下げ相場の中でも、ドルロングでやられるならば、我慢もできるし、損切りがついても納得がいくというものだ。ドル円は126.40辺りまで下がって、ほんの少々の値を戻したが、126円台を脱することはできなかった。

 ニューヨーク時間の午後からは押し目買い意欲が強くなり、米国株は値を戻した。どうしても直近高値から20%沈んだところは底値と見て買いたくて仕方がないようだ。「もうはまだなり」というのに、値頃感だけで戻るものだから値上がりの勢いは激しい。この1週間くらいは米国株は安値攻めのはずだったのに、ダウ平均は4日連続で上昇しているらしい。感覚とズレてしまっている。

 ドルの短期金利も長期金利も50ベーシスほど今年の最高水準から下がってきた。ちょっと行きすぎた年何の利上げ分の調整だろう。しかしここからさらに金利が下がるかというと、それはなかなか難しそうだ。相手がインフレだからである。とにかくドル金利の反転時期をうかがっておくことが肝要だろう。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る