ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

良い経済指標が続きドル円はついに140円突破、
注目の雇用統計だがもはや反応は限定的かも

2022年09月02日(金)15:09公開 (2022年09月02日(金)15:09更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はいくつかの経済指標が景気の腰折れを示していないという結果がでたことで、ドル金利は短期も長期も上がった。2年債、3年債といった短期ゾーンの利回り上昇が目立って、これで次回FOMCでの利上げ幅は75ベーシスで落ち着きそうだということになっている。

 それを反映してドル相場は一段高。ニューヨーク時間の序盤でドル円は140円台に乗せてきた。これは長銀が破綻した時期以来の事である。現在は企業が過去最高益を出しているというのに、不思議なコントラストである。

 ドル円が140円台に達した方といって、格別の達成感が出てきたわけではない。上がるんならば、もっと上がってもおかしくはないだろうと思われるからである。1998年代の高値である147円台というのはひとつのメルクマールであろうが、これからまだドル金利が上昇することを考えると、150円台や160円台を見ても不思議ではない。

 昨日の相場で破壊力がなかったのは、ひとえに雇用統計前だったというのも関係しているだろう。ポジションを積み上げるには不適な頃合いだからだ。それはユーロドルが今年の最安値を割り込んでいないことからもうかがえる。

 今晩は雇用統計だ。予想では就業者数が30万人ほどの増加が見込まれている。先日に公表されたADPでは計算方式の変更があったとはいえ、就業者数が期待されたほど伸びていなかった。これがどれくらい雇用統計に反映されるのか。

 しかしどのような結果が出ようとも、直近のFOMCでの金融政策に変更を強いることはないであろう。仮に悪い結果になったにしても、素直に景気の腰折れとは見られることはなく、一時的だとしてもっと数回の数字を見たいと言うことになろう。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る