ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

予想を下回るCPIに株価は大反発しドル相場は急落、
ドル金利は冷静な反応でもうちょっと消化には時間が

2022年11月11日(金)15:45公開 (2022年11月11日(金)15:45更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 CPIは市場予想を下回った。これは市場参加者の多くが期待していたことである。これでインフレ原則の道が見えてきたということで、米国株は大幅に上昇。しかしドル金利の低下は、ちょっと遅れて起こったように見える。

 株が急上昇する中で、次回のFOMCではやっぱり50ベーシスの利上げにとどまるのではないかとの観測が強まって、それで追随して短期金利も25ベーシスの低下を余儀なくされたという形である。

 逆に言うと、金利相場のほうはそれほどもCPIに反応していないということ。長期金利の代表である10年債の利回りが4%台を割り込んだと言っても、それは心理的な節目である大台の話しであって、実際に下がった利回りはそれほどでもない。

 ドル金利の低下もあって、ドル相場は急落した。数字が出る前まではドルは買われ気味だった。ユーロドルは日中の安値をつけていたほどである。しかし数字が出た後は反転。久しぶりの1.01台を見ることとなった。私もユーロドルをショートにしてCPIを迎えたのだが、あっさりと置いてあったストップがついて終了。

 損切りが付いたら、もうその日はやらないと決めているので、その後のドルの下げには手が出せなかった。しかしもしフレッシュに何かやることができたにしても、ドルの下げについて行くことができたかどうか。

 早朝にはドル相場はもう一段安して、ユーロドルは1.02台の乗ってきて、ドル円は140円台の前半まで差し込んでいる。そしてアジア時間ではそれはちょっと行き過ぎだろうとの反省からか、若干のドル買い戻しの動きが出ているのである。

 CPIは年換算して8%台を下回ってきたからと言っても、依然として高水準なのは間違いない。7.7%もあるインフレ率をどのように評価すべきなのか。これはもうちょっと消化するのに時間のかかる作業となろう。次回のFOMCまでは1ヶ月以上も間が開いており、それまでには次のCPIも出るのだ。1回だけの数字で大きな流れを見失わないようにしよう。

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る