ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

方向感の定まらないドル相場レンジ内行ったり来たり、
原油価格も下落だが下抜けしづらく米PPIだが

2022年12月09日(金)15:04公開 (2022年12月09日(金)15:04更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 ドル相場はまったく行ったり来たりで方向感が定まらない。アジア間ではドル円は137円台までドル高方向を攻めていたが、海外市場では反対を攻めるんだろうなと思って見ていたら、やはり欧州時間から下がってきた。

 それでなおかつ下割れはしない。ある程度下げてしまったら、もう売りの弾は出てこないのである。確かに週末のPPIや来週のFOMCを見たいということもあって、ポジションを大きく傾けるには無理な状況だ。

 ところで原油価格が71ドル台まで下がってきた。EUやアメリカがロシア産の原油価格に上限を設定したのも、はじめは意味がないのではないかと思いきや、案外と効果を発揮してきたようでもある。上限が60ドルだと言うのだから現値である71ドルで買っても、それは闇価格だということで国際的に是認されない契約だということになる。

 エネルギー価格が下がってきたのはインフレ抑制のためにも良いことなのだが、ここからが問題である。アメリカは戦略備蓄を放出する際に価格は90ドル台くらいであったものが、市民の不安解消のために70ドルになったら買い戻すと表明してしまっているのだ。要するにここからは下がりにくい構造となっているのだ。

 今夜はPPIだが、市場の注目は来週発表のCPIのほうに流れている。よほどに大きく市場予想から外れないと、マーケットは様子見態勢を整えてしまうだろう。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る