ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

予想通りに低下傾向となった米CPIでドル急落、
FOMC警戒で株価は乱高下で今晩の結果に大注目!

2022年12月14日(水)15:41公開 (2022年12月14日(水)15:41更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 CPIの結果は多くの予想通りに低下傾向を示した。それでFRBによる金融引き締めも終盤に近いという確信を得た感じとなって、ドル金利は急低下し、ドル相場も急落した。ドル円は137円台だったものが、135円割れまで急落。ユーロドルもパリティ割れ以来の戻し高値を更新してきた。米国株は急伸し、ダウ先物は1000ドル以上の急騰となってニューヨークオープンを迎えることとなった。

 しかし前年比ではいまだに7%台の上昇である。確かに下がってきたとはいえ、FEDのインフレ目標であるプラス2%まではほど遠い、コア部分もプラスの6%台のままなので、事情は同様である。これに加えて翌日のFOMCの結果も見極めたいということも手伝って、米国株は大幅なゲイン分をすべて吐き出してしまった。

 私はユーロドルに手を出していたので、あまりダイナミック感は味わえなかった。しかも数字が出た後に、ようやく1.06台でロング攻めを始めている。いつ落ちるのか、ヒヤヒヤしながらのロング攻めだ。取れたポイント数も、大きくはない。ユーロドルから感じられることは、CPIで集めた注目ほど、ドル金利は将来的に下げバイアスにはさらされないのではないかということ。

 そこで今晩はFOMCである。予想は50ベーシスの利上げのみ。これを利上げペースの鈍化と受取るのか、または依然として金利は上がっているのだというふうに取るのかである。パウエル議長はマーケットの楽観視を抑えるような発言をするだろうから、見方としてはタカ派的な意見を述べるだろう。ここまでわかっている上での市場の反応がどちらに転ぶか、不明なのである。


日本時間 15時30分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る