ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドイツ景況感は予想外に大幅にプラスでも緩和期待、
異様に注目された日銀は従前の方針に拘りまた円安へ

2023年01月18日(水)15:29公開 (2023年01月18日(水)15:29更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はドイツの景況指数が想定外にプラス転していた。ウクライナ紛争やインフレによる物価高を経ながらも、もうとっくにドイツ国内の景況感は回復しているということだ。確かにドイツ株の代表的な指数であるDAX指数を見る限り、もう景気後退は感じさせないほど史上最高値に接近してきており、15000台の中盤である。

 そこへもってきて観測記事ではあるが、次回のECB会合では利上げ幅が25ベーシスに縮まるという報告もあった。景況感が良くなっているのに、米国債のマーケットで今年後半にはと織り込んでいる利下げは、一体何のための利下げなのかかということになってもきている。

 利下げ期待だけが先行しているので、下がり基調だった原材料費や食品価格も、再び値上がり傾向を示している。とくにお金の代わりに捉えられることの多い金価格はすでに1900ドル台の中盤まで戻ってきており、2000の大台突破も間近い。これではインフレ撲滅のための利上げの効果がまったく失われたということにならないだろうか。

 そして今日はいよいよ日銀の決定会合となった。金融政策は変更するわけがないのに、異様に注目を集めている。やはりYCCの修正、もしくは撤廃が気になって仕方がないのだろう。市場機能を回復させてるためならば、イールドカーブが5年、7年ゾーンから15年20年ゾーンに向けてきれいにつながるようになることを目的化しないといけない。

 となると10年の利回りは1.0%を超えてくることになる、自由市場での円金利スワップも十分にそちらのほうに向いている。これだけ関心を集めた会合だったが、結果は何の変更もなしだった。それをうけて強烈に長期金利の低下、そして円安が進んでいる。

 ドル円は131円台に乗せてきて、ユーロ円は141円台まで戻している。事前に円ロングが溜まりに溜まったせいでもある。そのポジションカットの円売りが継続しているのだ。 日銀が従前の方針に拘ったことで、市場にはかえって不透明感と不安定さが増した。ドル円、ユーロ円はボラティリティを上げての推移がしばらくは続くことになるだろう。


日本時間 15時10分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る