ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

なぜ、日本国内で経済的な危機が起きると
円買いが起こりやすいのか?

2011年03月17日(木)16:18公開 (2011年03月17日(木)16:18更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 みなさん、こんにちは。

 先週のコラムを書いた後に、大変なことが起きてしまいました。

 今回の震災で被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げるとともに、お亡くなりになられた皆様に心からお悔やみ申し上げます。

 こういう時期に相場予想を行うことは控えようと思いますので、ここでは、今起きている事象についてご説明したいと思います。

1997年の金融危機のときと、よく似た動きになっている

 株価が急落していますが、その原因は言うまでもないと思いますので、ここでは割愛します。

 為替市場ですが、今回とよく似たことがかつてありました。それは1997年の日本での金融危機のときです。

 このときは、山一證券が倒産し、日本長期信用銀行や北海道拓殖銀行といった大手の銀行も破綻しました。生命保険会社も、何社か破綻に見舞われました。

 これに対して、為替市場では最初、円安のほうに反応しました。「日本売り=円安」という単純な発想をしたのだと思います。

米ドル/円 月足

  その後、保険会社の清算で海外資産を売るのではないかという話が広がり、今度は円高に反転しました。実際、生保などが海外資産を売り、円高がさらに進行することになりました。

市場はいつも最初のリアクションを間違えてしまう

 今回の市場の反応もまったく同じです。

 震災が起きた直後は「日本売り=円安」という単純な発想から、一瞬円安方向に向かいましたが、すぐに円高に向かいました。

 日本の生保や企業が震災の被害でお金が必要になるために、海外から日本に資金を戻すのではないかという観測によるものです。1997年の金融危機のときとまったく同じ構造です。 


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る