ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今となっては注目度は薄いが、
GDPなど経済イベントでもうひと勝負?

2011年04月28日(木)19:21公開 (2011年04月28日(木)19:21更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はいよいよFOMCとなった。マーケットの関心事もそちらのほうに向いており、欧州時間は為替相場もレンジが狭かった。私はユーロドルのロングを持っていたが、1.47台乗せのときに半分だけ利食いしておいたので、比較的に安易に構えることができた。ロスカットは1.4650でストップ注文を置いておいた。

 そもそものロングのコストが1.45ドルの後半なので、このストップがついても大したことはない。ユーロドルは1.4770あたりを中心に、実に狭い値動きに徹していた。私の悩ましいところは、このまま上がってしまったら、またユーロドルを買い増すのかということである。せっかく利食いをしたのに、また同じようなレベルで買うというのも考えてみれば芸がない。何もしなければよかったではないかとも思われるからだ。

 しかし心配は無用だった。アメリカの経済指標でのドル買いの局面ではストップ注文はつかなかったが、米国株が始まると、株だけでなく債券も高い。資産効果でドル買いが進んでのニューヨークオープンとなった。ドル円も82円台の後半まで上昇。そしてユーロドルもドル買いにさらされて、私のストップはダンになった。これで仕切り直しである。

 大型連休前なので、FOMCにもそのまま付き合ってみようと思った。もう一度ユーロドルロングのポジションを1.4640で作り直して待つことにした。バーナンキ議長が、今までとは方向転換をして、利上げ方向と取られるようなサプライズ発言をするはずはないという私なりの思惑もあった。

 夜中の1時半すぎに金融政策は発表された。実に予想通りで、ゼロレート政策は維持。そして注目のQE2は予定通りに6月末で終了とのことだった。やはり市場はバーナンキ議長の会見を期待しているのか、この時点ではトレンドの出るような値動きはなかった。ロスカットは20ポイント下に置いてあったが、今度は免れた。

 3時すぎにバーナンキの会見が始まった。あまり目新しいことは何も言っていなかったようだ。インフレにはあまり懸念を示していないようであったし、GDPや雇用環境の見通しも悪い方向に見直された。利上げに関しては暗に否定しており、「アクションを起こすまでには数回の会合が必要となる」と発言。為替相場ではドルの利上げ期待がまったくなくなり、ドル売り圧力が高まってきた。

 そして本格的に動きだしたのは、ニューヨーククローズが近づいてからである。ユーロドルの早朝の高値であった1.4710を超えてきたから、私はさらに買い増してみた。1.4722だったが、あんまりアゲインストともならずに1.48台を見ることができた。

 ただし私自身がユーロの高値警戒感に染まっているので、あまり持ち切る勇気が沸かず、また半分クローズしてスモールポーションで持っている。ロスカットも利食いゾーンとなる1.4820まで今は上げてある。

 それにしても、ECBよろしくバーナンキ議長が初めて開いた会見も、終わってみればコモディティ価格全体の上昇とドル安で、ガソリン価格など生活に直結するものがとても上がっていることに対して、このところ高まっている米国民の不満を和らげようという意図があったのだろう。

 今日は日本市場は、昨日のアメリカ相場そのもとなっていて、株も債券も高く、日本は大型連休を控えているのに、日本株は買いまくられて高値引けするくらいリスクテークのムードが高まっていた。しかしその傍らでは中国市場では、連休中に不動産に関する規制が何か打ち出されるのではということもあり、軟調だった。

 欧州市場ではどっちに反応してよいのやらという感じで小動きだ。今晩のたくさん企業決算も出るし、アメリカの第1四半期のGDPも発表になる。バーナンキ議長は第一四半期のGDPも控えめな見方もしていたのも気になるし、マーケットのリスクテーク具合を見つつ、ユーロ円にでも手を出してみようかと思っている。


日本時間 19時30分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

100万口座達成!

GMOクリック証券[FXネオ]

最短即日取引可能なGMOクリック証券!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 トレーディングビュー記事 jfx記事
田向宏行 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る