ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

流血事態のギリシャでも渋るドイツ、
やはりユーロ売りは強そう

2011年05月12日(木)18:25公開 (2011年05月12日(木)18:25更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はユーロドルが大きく下押しした。1.41台を見たのは実に久しぶりのような気がする。私もドル円かユーロ円を売ってみようと思っていたので、ユーロドルは横目では見ていた。

 まずは夕方にイギリス中銀のインフレ報告が公表されて、そのなかでインフレ懸念が示されたことで、ポンドの利上げ観測が高まった。ちょうど前回のトリシェ総裁の発言で6月利下げがなくなったと見られていたので、ユーロポンドの急上昇を招くこととなった。いうまでもなくポンド円とユーロ円はマタ裂きに。クロス円で戦くのは不利になってきた。

 米国市場にはいって貿易収支の数字では相場は動かなかった。欧州市場の序盤につくったユーロ円ショートのロスカットはもちろんついていたので、ポジションはスクエアになっていた。

  しかし日付けが変わる直前に出た石油在庫報告では、原油が予想外の増加をしていた。またガソリン在庫も減少が見込まれていたところ、増加と出たのだ。それまで104ドル台まで上昇してきた原油価格は一気に下落に向かい、それがリスク許容度の延滞を示す形となって、かえって米国株の下押し圧力となった。

 原油価格が下押しした時には、リスク回避へマーケット全体が傾くのは間違いないので、ここで私も、勢い込んでユーロ円をショートにしていった。ユーロドルも1.42台に突入してきた。

 ドル円は高いままで、ぜんぜん下がらないのでドル円のショートはあきらめた。ユーロ円は@115.76で売ったが、ここ最近の押し目の安値は114円台の後半なので、115円ちょうどを割り込んだらいったんは利食いの準備ということになる。

 夜中の2時くらいまで為替相場につきあったが、なかなかクリアに114円台に入らなかった。そこで私は114.98で買い戻して寝ることにした。結局のところユーロ円は114.54まで押し込んだようで、朝見たらポションはなくなっていた。

 ギリシアの再支援の話しもドイツの反対で進んでいないし、ポルトガルの格下げまでが飛び出て来た。今日もユーロ売りが主流となりそうだ。アメリカのPPIや小売売上高など経済指標がたくさん予定されているが、それらを無視するくらいにユーロ売りの圧力は強そうだ。

 パワープレイに期待して、東京時間の終り間際に、私はユーロ円を再び@115.32でショートにしてみた。狙いは昨日の安値ブレークで、113円台まで臨んでいる。

 

日本時間 18時15分
 

外貨ex byGMO[外貨ex]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る