ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

警戒感からナンチャッテ介入騒動!
米経済イベントで議長の認識を確かめに

2011年07月14日(木)19:05公開 (2011年07月14日(木)19:05更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日のアジア時間はユーロの買い戻しが激しくなった。朝には1.40台を回復した後はモタついていたが、中国の経済指標が良かったことで、マーケット全体がリスクテークの方向に傾き始めた。それまでギリシャやイタリア、アイルランドで下げていた分を取り戻そうかとするかのようなユーロ買い戻しの動きとなった。

 こうした動きの背景には、やはり夜にバーナンキ議長の発言をひかえているせいもある。バーナンキ議長のここ最近の発言はすべて国内景気に対して悲観的なものが目立ち、また先週の雇用統計もそれを裏付けしている。よってかれの発言にはきっと景気を下支えする必要があるとの見解が示されるのではないかという期待が大いにあったのだ。

 欧州時間ではユーロドルが一段高しえ1.41台も見る。ユーロ円などユーロクロスもすべて高い。しかし先日、格下げされアイルランドの国債スプレッドが過去最大にまで拡大したということで、再びユーロに売りが入った。私も何度か売りで臨んでみたが、20ポイント取るのがせいぜい。まあ、一昨日の1.38台から見ると300ポイント以上も上がって来ているのだから、下がりにくいというのも無理はない。

 いよいよバーナンキ議長の議会証言の時間となった。外部環境を見ると、まさしくリスクテーク一色となっている。米国株は大幅に上昇。原油も高い。実際にバーナンキ氏が話しはじめると、確かに景気刺激策の必要性も説かれたので、米国株はさらにラリーへ。クロス円の買いが主導する形で、ユーロドルは1.41台の後半まで一気に跳ねあがった。

 しかしニューヨークのランチタイム以降は、米国株が反転してきて下落に向かうこととなった。海外勢が見直し売りをしていたようだが、要するにバーナンキ議長は、“景気が悪い”と言っているのだ。具体的な刺激策かQE3の方針などが示されないと、リスクは取りづらいというところだろう。

 朝は早起きした。前日と同じようにバリューデートが変わる時期のドタバタに参加したいからだ。前日ほどの激しさはなかったが、やはり個人投資家を抱えるFX業者からの強制ロスカットがいくらか出てきて、ドル円は急落。ユーロドルもドル売りの流れに乗って1.42台まで上がってしまった。ドル円の78円台で何度か拾ってみては、すぐに売るの繰り返しをしたが、今回は上がりきらない。

 今日のアジア時間では79円台への回復は難しいのかもしれないなどと思っていたら、いきなりドル円が急騰し、あっという間に79.60近辺までシュートしているではないか!日本株も急騰している。介入?と思ったが、どうも様子が違う。断続的な買いという感じではないのだ。

 結局、なんちゃってだったようだ。だったら売ってみようと、ドル円をショートに振ってみた。しかしアゲインストにもならなかったが、あまりフェーバーにもならない。まったく面白くないのでポジションはクローズした。

 今晩はアメリカの生産者物価(PPI)や小売売上高が出る。円高が進んできているので、ちょっと経済指標の存在感は薄いものとなるだろう。ユーロドルの上値も気になるところだ。そうした値動きに注意を払いながら、昨日のバーナンキ発言がどのようにマーケットに消化されていくかを見極めたいところ。

 おおどころの企業決算も出てくるので、リスク回避に動き、すなわち株価が下攻めするようであれば、私は今度こそドル円の安いところでも、果敢に売りこんで行こうと思う。


日本時間 18時55分


 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る