ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ギリシャ2年債は70%越えを記録!
ユーロ円ショートで株価を注視中

2011年09月13日(火)18:56公開 (2011年09月13日(火)18:56更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の海外市場では、株安が止まるのかどうかが最大の焦点であった。それで為替相場ではクロス円の動きが決定されることになる。いうまでもなく、このまま株価の安値が更新されていくならば、ユーロ円がたとえ103円台であろうとも売りこんでいくつもりだ。また逆に株価が底打ちして反転してくるようならば、ユーロ円のロングメークで臨まねばいけない。

 昨日の欧州序盤ではドル円は76円台、ユーロドルは1.35台である。イタリアの格下げのウワサも出ており、いつものようにユーロは値を下げるモードで始まった。グローベックスでの米国株が急落しはじめたので、それにつれて104円台の前半でもんでいたユーロ円も下げを強いられる。そしてついにユーロ円は103円台に突入した。私も突っ込み売りをしようと決意したが、売ろうとしたときに株価が戻り始めたので、売り込むのをとりあえず止めておいた。

 ユーロ円など、特にトレンドが明確に出てきているものは、素直なトレンドフォローでは儲けにくいものだ。ポジションが溜まり過ぎるからである。ダウントレンドなのだから、たしかに一日の動きのなかで、100ポイント下がって、そして80ポイント戻して、結果的にネットで20ポイント下がるということの繰り返しなのだろう。

 しかしその上げの局面のほうが短時間で起こったりもして、値幅も一気にメクリあげられる。このために、トレンドフォローは大変やりにくくなってきている。昨日もユーロ円が103円台を見せたかと思うと、米国オープンの頃には105円台まで押し戻されていた。

 こうなってくると、にわかブルになってしまいそうなのだが、やはり日足などの長めのチャートをみて、やはりユーロ円は売りなのだと頭を冷やした。次に売り場を探すことになるのだが、今度は完全な逆張りだ。それでも株価が堅調な間は、クロス円のショートをつくることはできない。夜中にポジションを作るのはあきらめた。朝起きたらポジションを作ろうっと。

 本日のアジア時間は、リスク資産が小動きだった。やはり手が出ない。欧州時間になってドイツ株やイギリス株が下げ幅を拡大してきたので、ようやく私はユーロ円を104.75で売ることができた。ユーロドルも1.35台にまで沈んできた。ちょっと出足が遅いような感じもするが、安全策を取ったのだから仕方がない。ストップ注文もアゲインスト40ポイントまでしか耐えないつもりだ。

 今晩も経済指標がほとんどないため、株価リードのマーケットとなるだろう。欧州時間は株売りモードで始まったが、これが反転することがあるのかどうか、これが最大の注目点となる。ギリシャの2年債は70%に乗せてきていて、まったく状況が改善しているとは見えないし、ギリシャの債券をたくさん持っているフランスの銀行への目も厳しくなっている。だが昨日のように米国市場の短時間で急速に持ち直すということもあるし、とにかくプライスアクションを重視して、にらめっこするしかなさそうだ。


日本時間 18時50分

 

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る