ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ビックリなほど改善していた雇用統計!
でもなんだか為替相場は反応薄

2012年02月06日(月)17:31公開 (2012年02月06日(月)17:31更新)
持田有紀子

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

 先週の金曜日の注目は、なんといってもアメリカの雇用統計だった。失業率に関しては8.7%、8.5%と徐々に改善してきているので、今回もさらに良くなる可能性も排除できない状態ではあった。マーケットでは期待だけが高まっていたが、事前予想のコンセンサスは8.5%のままであり、かなり控えめのもの。一方で就業者数は13万人から14万人前後の増加が見込まれていた。これは2日前に発表されたADP雇用指数での17万人という結果に適うものだった。

 発表直前の状況としては、為替市場では今年になって進んだドル安の、しかももっともドル安のレベルで張り付いたままと。ドル円は76円台のローで、ユーロドルは1.31台の後半という、年初からのドル安水準で発表を待つこととなった。外部環境をながめれば、株価は今年の最高値ゾーンで落ち着いており、1月に起こった株価上昇が正しい動きなのかどうかを試される局面だ。

 そしてFOMC以降に続いているアメリカの長期金利の低下。株価が上昇するなかでの債券価格の上昇なのだから、これは言うまでもなく金融相場の様相を呈しているといえる。米国債も昨年の9月に記録した史上最低の利回り水準にアタックするレベルで発表を迎えることとなった。

 私としては事前の予想よりも結果が悪かった場合のほうが、市場の反応は大きいのではないかと考えていた。逆に言うと、良い結果となっても、すでにマーケットでリスクテークがかなり進んでいるのだから、ポジションの積み増しはない、よって利食いが出るだけではないかと考えた次第だ。私も雇用統計は良さそうだと認識しながらも、やはり値幅の期待できるリスク回避の方向でポジションを取るのが面白そうだと思った。

 ユーロドルは1.30台から1.32台を行ったり来たりなので、ここは一発、ドル円だろうか。私は@76.21で売りこんで、ここ24時間で戻っていない76.40で買い戻しのストップ注文を置いておいた。利食いは要らないだろう。もしもドル円が突っ込むのならば、存外に深押しする可能性だってあるのだ。

 結果は就業者数が24万人以上の増加となって、マーケットの期待を大きく上回った。また失業率も8.3%となり、これも予想よりも強い結果となった。すぐにリスクテークの相場展開となり、私のドル円ショートはいうまでもなく、即死した。株価は急上昇、債券は下落に向かった。

 ところがユーロドルは1.32台までショートカバーが進んだものの、やはりドル買い圧力が高まっているということで、すぐに反転し、1.30台までドロップ。相場は発表後の1時間だけ動いてステージを変えただけで、ニューヨーク市場自体は動きの乏しい展開となった。

 今週はこのままそうした流れが続くのかどうかが試される局面となる。ドル高といってもドル円ではまだ大台は76円台である。とてもドルが買われているという状況には遠い。ユーロドルも最近のレンジの下限である1.30台を割り込んできてもいない。今晩は材料薄の一日となるが、ポジション調整が出るのかどうかが見極めたいところだ。

 すでにアジア時間ではユーロの調整売りも出てきている。しかしユーロドルは先週のディップである1.3024を抜けない限りは、同じようなレンジ相場が続くであろうし、ドル円も75円台に突入しないとフレッシュ感がなく、ちょっと面白味のない展開になってしまうのかもしれない。


日本時間 17時20分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

高スワップが魅力!

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行 トルコリラスワップポイントランキング
ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る