ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
バックナンバー

ドルインデックスの「78」が超重要ポイント!
マーケットは春景色となるか?春吹雪か?

2012年03月02日(金)15:53公開 [2020年07月07日(火)16:39更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

急速に市場心理が改善している

 3月に入り、春の足音が聞こえてきた。為替市場においても、米ドル/円が「厳冬」のような安値圏から脱出し、その他のメジャー通貨も高値圏で推移し続けている。

 クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)も総じて堅調で、株高と相まって、急速に市場心理が改善している状況がうかがえる。

 もっとも、米ドルと円は「伝統的」にリスク回避先とされているため、一般的に、「米ドル安」かつ「円安」の状況は、市場センチメントの向上として解釈される。

 ここでややこしいのは、本来であれば、「米ドル安」はその裏返しとして「円高」につながるはずだが、円もリスク回避先の通貨とされているために、米ドル/円は米ドル全体の動きとカイ離する傾向が強いということだ。

 したがって、「米ドル売りで、円売り加速」といった市況報道はよくあるものの、「米ドル売りで、ユーロ売り加速」といったニュースはあまり見られない。

 また、そのために、クロス円通貨ペアも、じつにややこしい存在である。往々にして、その値動きはオーバーシュートする傾向が強いと言える。

「プチ・バーナンキショック」で急速に北風が吹く可能性も

 さて、リスクオンの米ドル売りと円売りが続く状況を「春」と呼ぶならば、春景色が、いつまで続くのかかが重要な問題である。

 結論から言えば、「プチ・バーナンキショック」で急速に北風が吹く可能性も浮上しており、場合によって「春吹雪」もあり得るとみている。

 ただし、足元はかなり「微妙」な状況であることから、テクニカルアナリシスにおけるポイントをしっかり押さえないと、見極めることは難しい。

 「プチ・バーナンキショック」については、次のチャートをご覧いただきたい。

ユーロ/米ドル 1時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM)

 2月29日(水)は、まず、ECB(欧州中央銀行)が第2回の「3年物資金供給オペ(LTRO2)」を実施した。このオペに5295.31億ユーロの資金需要があったことが報じられ、ユーロは想定したどおりに上昇した。

 だが、その後にべージュブック(米地区連銀経済報告)がリリースされ、FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長の発言が「プチ・ショック」となり、ユーロは急落した。2月16日(木)安値からの上昇トレンドは、いったん挫折したのだ。

 皮肉なのは、バーナンキ議長が何かを発言したことで「プチ・ショック」が起きたのではなく、その逆で、「肝心な言葉」を言わなかったために、「プチ・ショック」がもたらされたということである。

 もちろん、その「肝心な言葉」とは量的緩和である。

「QE3」が行われないならば、どうなる?

 バーナンキ議長は、米国の景気回復に対して慎重な姿勢を崩しておらず、悲観的過ぎるとも思えるような見通しを述べた。その一方で、かつて念仏のように唱え、実行を示唆してきた「第3次量的緩和策(QE3)」についてはまったく言及しなかった。

 「これぞ問題だ!」と騒ぐ市場関係者は、いっせいに米ドルのショートポジション(売り持ち)を手仕舞ったのである。

 ここで問題なのは、米国の景気回復がマーケットの想定よりも遅れるならば、リスクオンからリスクオフへ、市場のムードが再転換する可能性が高まるということだ。多くの市場関係者が、米ドルを再びロングポジション(買い持ち)にしてくることも予想される。

 また、FRBがこれまで、率先して世界的な「過剰流動性相場」を作り出してきた経緯があるために、「QE3」が行われないならば、欧州、英国、日本などの金融緩和政策が一層浮き彫りとなる。このことが外貨安につながり、米ドルをさらに押し上げるといった思惑につながっている。

 ゆえに、米ドル全体が買われ、その一方で、円は蚊帳の外に置かれ、あまり買われなかったのである。

■マーケットには「神の見えざる手」が常に存在している!

 以上、ここまで理屈を申し上げてきたが、本音を言えば、こういったものはすべて「後づけ」の部類に入り、テクニカルアナリシスの視点なしでは、蓋然性はそう大きくないと思っている。

値動きについて、いくらでも違った解釈ができるのが為替相場であって、前記のように、肝心なテクニカルポイントを見極めなければ、正しい判断は下せない

 それでは、肝心のポイントはどこにあるのか、ズバリ提示しよう。次のページをご覧いただきたい。

FX会社のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 104898人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ