ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロポンドついに下抜け!
スペイン長期債入札でのユーロに要注視

2012年04月19日(木)17:05公開 (2012年04月19日(木)17:05更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 最近、日によって欧州の信用不安の問題が増大したり、減退したりしている。それだけ根っこがまったく解決されていないことの表れであろうが、それにしても相場に向かうものとしては、今日は何が飛び出してくるのか、何に注目が集まるのか、一定しないので扱いづらい。

 言うまでもなく決め打ちはご法度になり、是々非々でその場その場での対応が迫られることになる。昨日の欧州市場ではドル円は81円台の前半で、ユーロドルは1.31ちょうど近辺で始まった。テクニカルな動きで注意しておきたいのは、ドル円がアジア時間から上昇を続けてきており、なおまだ81円台をキープしていることだ。ともかくも相場の中心はユーロがらみになるのは当たり前のことで、その材料探しや妙な値動きをしていないかを探ることに全精力を傾けた。

 昼間にユーロドルが1.31台を割り込んで失敗した直後なので、その買い戻しも激しいかもしれない。それでもそのときの押し目を下回ってきたならば、つまり1.3080とかを触り出すようなことにでもなれば、何が起こっているのか事実を確認するまでもなく、ユーロ売りでついていってみようと思う。

 ユーロドルは下がり出したが、いまいちスプード感に欠ける。他に何か面白い動きはないかといろいろと他通貨を除いてみたりしていると、ユーロポンドが急落を始めているではないか!! これまでさんざん0.8220あたりで止められていた、あのユーロポンドが…。

 ユーロドルは私がポジションを作れないくらいにそれほども下げていないので、きっとポンド固有の材料でもあったのだろうか。ともかくもユーロポンドが走り出している。それを見て私もユーロポンドを少々売り込んでみた。

 ユーロポンドのショートは0.8199だった。これまでのサポートであった0.8220で買い戻しのストップ注文を置いておいたが、ユーロポンドなので20ポイントのアゲインストは正直言って、リスクの度合いが大きすぎる。出来れば10ポイント以内におさめたいところ。まあ、実際に0.82台に完全に戻してきて、0.8205とか触り出したら買い直さねばと思いながら、臨時的なストップロスだと思うことにした。

 あれだけもんだのだから、ブレークした後の下げも急であって良さそうなものだが、一回目の押しは0.8185くらいまでで、2回目は0.8175あたりまで。1.30台に入ったユーロドルの下げも鈍くなってきたし、一方でポンドドルの上げも一服感が出ている。これではユーロポンドの下げを期待するのは難しい。

 他のユーロクロスも堅調で、ユーロ円もユーロスイスも下がる気配はない。ユーロドルが1.31台に戻すような局面にでもなれば、そのときは文句なく買い戻そう、そう考えてニューヨーク市場にまで至った。ユーロポンドが大きくメクラれなかったから、持ち続けていられたのだが、ユーロポンドはくたびれる~。

 米国株は前日とほぼ変わらずで始まって、それ自体がリスク相場の判断材料にはならなかった。しかし23時半に発表された石油在庫報告の中で、原油の在庫量が予想よりも大きく増加。それでもファーストアクションは原油価格の上昇だったので、それにつれて原油と正の相関関係の高いユーロは買い戻され、ユーロドルは1.31台に乗せてきた。

 私は当初の規定通りにユーロポンドを0.8183で買い戻したが、その後もユーロポンドは低空飛行を続けている。ユーロで勝負をしようと思った私ではあったが、一日を通してみてもユーロドルは100ポイントの値幅もなく、終わってみれば大した相場展開ではなかったことになる。

 今晩は経済指標がいくつか出るが、イベントとして注意しておかねばならないのは、スペインの長期債の入札であろう。2日前は短期債であったためなんとか無事に通過したが、果たして長期債の場合でも同じことが通用するかどうか。

 信用不安が高まるかどうかの分かれ目にもなるので、夕方の17時半前後のユーロの値動きには要警戒だ。すでにユーロポンドの急落で、ユーロ自体の戻り売りのイントは強くなっている。ユーロドルも1.30台割れまで視野にとらえておく必要がありそうだ。

日本時間 17時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る