ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ホーキッシュなFED要人の発言相次ぐ
敬意を払ってドル買いで勝負中!

2012年05月02日(水)17:55公開 (2012年05月02日(水)17:55更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日のニューヨーク市場では、その前日にCAPMが為替相場の流れを決定したように、同じくセンチメント系の指標であるISMの製造業が流れを決定した。私もドル円が80円台に戻りきらないことをよいことに、ショートポジションをキープしていたのだが、ISMが良かったことをうけてマーケットはまた過敏なまでの反応を示した。

 まあ、この日がこれしか材料がなかったことも理由のひとつであろう。それまで安値模索をしていた米国株も急反発となり、リスクの許容度が増大。そして急激な円売りも開始された。そもそも円ロングのポジションもたまっていたのは間違いない。私の80円ちょうどの買い戻し注文もあっというまについてしまった(笑)。

 昨日は経済指標を見て、ポジションがなくなった後には、私はすぐに相場より撤退した。しかしその後にいろいろ出てきたニューヨーク市場での要人発言を見て行くと、かなり金融政策に関してホーキッシュな意見が多発してきているということに気がつく。

 出た順に列挙していくと、ラッカー総裁は「2013年なかばにも利上げを行う用意」とし、エバンス総裁は「金融緩和を続けていると、そのうち流動性のワナに陥る」と言っている。ブロッサー総裁も同様に「2012年の後半か2013年の前半までに利上げをする必要性」を説いている。

 長期にわたる金融緩和も長くはなさそうだという見方もあって、昨日の長期債相場では長期金利が上昇したが、これが一時的なものかどうかは今後の為替相場のなかにおける米ドルの位置づけを考えていく上でも重要となりそうだ。これよりいよいよ出口戦略のワードが再登場してくる段階となれば、強烈なドル買いを伴うかもしれないからだ。

 ただし本当にその契機となるのか、それをうらないのは難しい。雇用の回復はまだ完ぺきとはいえないし、失業率が7.0%を下回ってくるまでは次回の利上げはありそうもないことを考えると、確かに2014年の後半まではありえそうもない。

 しかし株価などは完全に回復しているのだし、昨日のニューヨーク市場ではダウ指数が2007年来の高値を取り戻したと騒がれもした。明らかにリーマンショックの前のレベルであり、サブプライム問題が取りざたされ始めた頃である。いつ通常に戻すという理由で、最低限の利上げを行ってもよいタイミングなのである。

 ただ秋に大統領選挙を控えているので、政治的な側面から困難であるという見方もある。しかしこれもコモディティ価格が落ち着いているからであり、原油価格がまた115ドルを越えてこようものならば、再びインフレ懸念が台頭してくるのは言うに及ばずである。とにかく次回以降のFOMCなどがいっそう注目を浴びてくることになるだろう。

 さて本日は朝から円売り基調。私も80円台に乗ったところでドル円をロングにしてみようと思っていたので、昨日までとは打って変わって、反対にドル円を買ってみた。仲値の決定前後は高いと思ったので、しばらく我慢してみたが、あんまり下がらず。80.19で買うのがやっとだった。そもそも上がるだろうと思っているのだから、再び79円台に突入すると、これはこれで困るのだが…。

 東京市場の午後になって80.40位まで上げ、欧州市場にバトンタッチする頃にはさらに20ポイントほども上がったが、さすがにオファーもたくさんあるようだ。84円台から落ちてきているのだから、逃げの売りや戻り売りでいっぱいのようである。スピードは相変わらず遅い。

 昨日はイギリス以外の欧州は休みだったので、本格的に為替相場が動き出すのは今日からとなる。欧州序盤で信用スプレッドの動向も気にかけながら、ドル円のロングで勝負だ。しかし完璧なブルではないので、1円も上がるとは思っていない。80円台の後半で売れれば上首尾という感じである。


日本時間 17時40分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る