ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

「FX友の会 in 東京 2012」レポート(2)
オプション取引の情報がFXに活かせる?

2012年06月27日(水)12:22公開 (2012年06月27日(水)12:22更新)
ザイFX!編集部

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 それでは、用語を押さえたところで、話を元に戻して、オプションの情報をどんな風に普段のトレードに活かせば良いのか、荻野さんと西原さんからのアドバイスを紹介しましょう。

 オプション取引は、ある一定の期日に一定の価格に到達したら「買う」あるいは「売る」という「権利」の売買ですから、権利保有者は、自分が権利行使して利益が出る価格まで到達するよう、為替マーケットで大量の売り注文や買い注文を出して、市場価格を誘導しようとします。

 ですから、カットの前後は急激なマーケット変動や一見ナゾの停滞が起こりやすいのです。

 

 たとえば、ニュースに「79円にオプションのストライク(権利行使価格)がある」と書かれていたとすると、79円を挟んで、権利行使時間の10分くらい前からは、おおむね±20銭くらいで価格がウロウロすることが多いそうです。

 オプションカットが意識される時間帯にチャートを見ていて、あれれ? なんで動かないんだ? と首をひねった経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 このほかにも「79円にオプションのバリアがある」などと書かれている場合は、79円に到達させまいとするオプションの権利保有者が、79円手前、たとえば、78.90-95円あたりに大量の売り指値注文を入れていて、なかなか79円に到達しないような場合もある模様。

 この場合、78.90円に価格が触れると、短期的にゴソっと30pipsくらい下落する、なんてこともあるそうです。

 ただバリアが突破されると、今度は買い戻す動きが盛んになります。

 西原さんいわく、こうした場合には79.05-10円あたりに、大量の買い注文が置かれていることが多いんだとか。

 これがトリガー(引き金)となって、一気に価格が上昇する傾向があるみたいです。

 この流れについていくことができれば… ウハウハです!

 つまり、オプションのバリアは、トリガーになるので、常に情報を収集してポイントがどこにあるのかを把握できると、自分のトレードに活かすことができる! ということ。

 詳しいしくみはともかくとして、マーケット情報でオプションに関するニュースが出たら、ターゲットとされている価格を意識しておくと良いかもしれません。

「FX友の会 in 東京 2012」レポート(3)バンカメは占星術で相場を張っている!?」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集部・向井友代 撮影/和田佳久)

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る